HOME   »  マンガ
Category | マンガ

最近買った漫画 「鞄図書館」「スーパーヒロインボーイ」「不滅のあなたへ」「いちまつ6」

 「鞄図書館 3」
作品の中に大好きな「星を継ぐもの」がはいってたので購入。
あの胸踊る、ワクワクする物語を吉崎せいむさんがどう描いたか。
そしたら思った以上にすばらしく描いてくれていた。
あの作品はわたしにとっても新しいSFの1頁を開いてくれた作品だった。
ハリウッド的な未来に光があふれている世界を、緻密でリアルな描写でみせてくれた。
こうした「漫画」や「小説」を抱擁した作品は、自分の知っている作品、好きな作品がどう扱われるか、
また見知らぬ作品にどう目を向けさせてくれるかが楽しみ。
吉崎さんの「金魚屋」や「鞄図書館」は、掲載された作品全てが読みたくなります。

鞄図書館3
鞄図書館3
posted with amazlet at 17.02.23
芳崎 せいむ
東京創元社
売り上げランキング: 14,524


「スーパーヒロインボーイ 1」
なんか絵も話しもおおざっぱなんだけどなかなか楽しい。
ヒロインアニメにはまった男子高校生、口では「くだらねえ」と言いつつ、見ることをやめられない。
「トクサツガガガ」よりももっと漫画漫画した作品だけど、簡単に読めて楽しい。
あ、でも主人公は「ガガガ」の任侠さんに似ている。

スーパーヒロインボーイ(1) (リュエルコミックス)
ぱらり
実業之日本社
売り上げランキング: 36,145


「不滅のあなたへ 1」
いろいろな生物に変身できる「もの」の話しなんだけど。
1話目が悲しすぎる。
感情のない「もの」がいろいろ経験して1話目の主人公のことを思って泣いてくれればいいなあ。

不滅のあなたへ(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2017-01-17)
売り上げランキング: 349


「いちまつ6」
最終巻。え? 終り??
もっと長く続けてほしかった。
とてもリアルな江戸の雰囲気を感じ取れたんだけどなあ。
元気のいいおかっぴきと、色気のある侍のバディはいい感じだったんだけど。
でもまたすぐに新連載だそうで、細野不二彦は枯れないところが安心できる。

いちまつ捕物帳 6 (ビッグコミックス)
細野 不二彦
小学館 (2017-01-30)
売り上げランキング: 18,754




最近買った本 イムリ20 げんしけん21 ばらかもん14 魔女のやさしい葬列1

イムリ20 

20巻になってようやく1巻の母親の夢につながるけど、これどこまで続くのかなあ。
三つの民族の話でかなりつらいんだよね。
前には少し入っていたユーモラスなところもまったくなくなってきて、戦況は厳しくなる一方だし。
世界の謎やデュルクの運命が気になって、結局また次の巻を待ってしまうんだろうな。

イムリ 20<イムリ> (ビームコミックス)
KADOKAWA / エンターブレイン (2016-11-25)
売り上げランキング: 201



げんしけん21 

長くかかったマダラメの恋愛話にようやくオチが。
まあこうなるしかないだろうな、と。
腐女子視点というわけではなく、じつはハトちゃんとくっつけばうれしかったんだけど、作者にもBLを正当化するのはむずかしいって思いがあったんだろうなあ。
三代目が読みたいのでお願いします。
永遠の放課後感が好きなんです。

げんしけん 二代目の十二(21)<完> (アフタヌーンKC)
木尾 士目
講談社 (2016-11-22)
売り上げランキング: 264


ばらかもん14 

半田君とかいろいろスピンオフも出てましたが、本編が一番好き。
しかし書道教室で生活していくのはむずかしいだろうなあ、今の世では。

ばらかもん 14巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
スクウェア・エニックス (2016-12-12)
売り上げランキング: 8


魔女のやさしい葬列1

最近こういう絵がはやってんのかな。
ファンタジー系の絵なんだけど、ちょっと線が太い。
1巻終わっても少女の正体がわかっただけで物語としての動きがあまりなくてちょっと勢いにかける。
読者をおいてけぼりな感じもあるのはファンタジー漫画を描く人の弱点。
元気な花売り娘ナンシーのキャラクターはとてもいい。

魔女のやさしい葬列(1) (RYU COMICS)
徳間書店(リュウ・コミックス) (2015-12-11)
売り上げランキング: 6,045


最近買った本 東京季語譚訪1 BOX1 早乙女選手ひたかくす1 からっぽダンス4

東京季語譚訪1 

怪獣や鉄道や刀が擬人化されていくなか、季語を擬人化するとは!
いろいろな季語のデザインが楽しい。
バトルものじゃないのでジャンプ系でこれを続けていくのはむずかしいのでは?
画面がちょっとうっとおしいほど描き込んであるけど、季語を使ってどう話を続けていくのか楽しみなので買い。

東京季語譚訪 1 (ジャンプコミックス)
椎橋 寛
集英社 (2016-12-02)
売り上げランキング: 19,752


BOX1 

珍しい諸星大二郎の連載物。
とじこめられた場所からの脱出ものなんだけど、キャラクターがなんだかのんびりしている。
ホラーなのか? ギャグなのか?
あと、諸星大二郎はBLが好きなのかもしれないと………。

BOX~箱の中に何かいる~(1) (モーニング KC)
諸星 大二郎
講談社 (2016-11-22)
売り上げランキング: 715


早乙女選手ひたかくす1 

この作家さんの「明日にはあがります」「次回作にご期待ください」が大好きだったので次回作を楽しみにしてたら学園もののラブコメできたか! 
恋愛に不慣れな高校生同士のどっきどき、ばっきばきな恋愛コメディ。
無口でクールビューテーなボクシング女子早乙女さんがかわいすぎる。

早乙女選手、ひたかくす 1 (ビッグコミックス)
水口 尚樹
小学館 (2016-12-12)
売り上げランキング: 383


からっぽダンス4

あああー完結ー!!
もう少し長く読みたかった。
ドルオタとストーカーポリスといっても別にポリスの久我くんは問題ない。
問題なのはアイドルなのになついてくるナオヤだ。
もう少しナオヤが久我くんを振り回すところや、彼女にバレルところとか読みたかったなあ。
あとアイドルオタクの方々の生態も。
個人的に面白かったのがアイドルのミュージカルに対する解説。
私も以前、アイドル好きな友達にミュージカルってどうよ、と聞いたんだけど、
「見なくていいです」言われた。
一般人にはそれほどの耐久レースなのか??
次回作にも期待します。

からっぽダンス 4 (フィールコミックスFCswing)
阿弥陀 しずく
祥伝社 (2016-12-08)
売り上げランキング: 2,469


最近買った本 ブラックナイトパレード1 ふしぎの国のバード3 ギャラリーフェイク33 ナラクノアドゥ1

ブラックナイトパレード1 
「聖★お兄さん」の中村光さんの新刊。
中村さんの「荒川アンダーブリッジ」はあまりおもしろさがわからず敬遠していたんですが、この新作は読みやすかった。
なにより主人公が就活に苦労しててブラック企業(人間界ではない)に勤めるというのが「神さまの子守」と同じで親近感。
ただキャラクターのおもしろさがいまのところ主人公にしかなくて、「聖★お兄さん」のようにインパクトの強いキャラがまだ出てきていない。
今後が楽しみ。
ブラックナイトパレード 1 (ヤングジャンプコミックス)
中村 光
集英社 (2016-12-09)
売り上げランキング: 1,398



ふしぎの国のバード3
明治になったばかりの日本を金髪イギリス人女性が旅する話。
ニホン再発見?
昔の日本、日本人のいいところ悪いところが描かれてゆく。
読んでいると基本的に日本の生活は(豊かにはなったが)変わっていないなあと思う。
昔使われていたものは今でも使われているしね。
漫画のテンポがちょっと森薫さんに似てきた。
今回は通訳のイトさんに焦点。
イトさんが案内する新潟のお菓子がおいしそう。

ふしぎの国のバード 3巻<ふしぎの国のバード> (ビームコミックス(ハルタ))
KADOKAWA / エンターブレイン (2016-12-15)
売り上げランキング: 6



ギャラリーフェイク33 
11年ぶりの新作。
これからも続くのかな。
ギャラリーフェイクは大好きな作品。
美術・芸術に対してどこまでもどんよくなフジタがいかす。

【中古】B6コミック ギャラリーフェイク(33) / 細野不二彦【02P03Dec16】【画】

価格:580円
(2016/12/16 00:26時点)




ナラクノアドゥ1
よくある絶望系ファンタジーかと思ったけど面白かった。
主人公の正体がひどい。
これはだまされた。
主人公の目的、その意思がなによりも謎。
ネタバレになるから詳細が書けないのでもどかしいが、絵もすばらしく魅力的なのでおすすめ。

ad.jpg
KADOKAWA / エンターブレイン (2016-05-14)
売り上げランキング: 5,413


最近買った新人漫画家さん 空挺ドラゴンズ 超人間要塞ヒロシ戦記 私はペンで世界を変える 宇宙戦艦ティラミス 堕天作戦

もしかしたら新人じゃなくて私が知らないだけかもしれないんだけど、

「空挺ドラゴンズ」
絵や世界の雰囲気がナウシカっぽい。
ドラゴンを追って狩ってそれを食ったり油とったり、
なんか捕鯨みたいなんだけど、異世界グルメというか
異世界アクション。
ただ、その異世界の感じがまだよく描けていないのと
漫画としての楽しさがみえないので2巻をどうしようかなーと。
空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2016-11-07)
売り上げランキング: 432


「超人間要塞ヒロシ戦記」
人間型の戦艦の中で暮らす極小の人々。
地球人にまぎれて生きているのでその要塞はバイトをしたりのみに誘われたり
女の子につきあってくださいと言われたりして、そのたびに故障してメンテ必要で
ヒロシの中の人々は不眠不休で戦っている!

シリアスにしようとすればシリアスになるんだけど、いまひとつのんびりしている。
まあギャグとして読め、ってことなんだよね。
でもシリアスでも読んでみたいな。

超人間要塞 ヒロシ戦記(2) (イブニングKC)
まつだ こうた
講談社 (2016-10-21)
売り上げランキング: 26,603


「私はペンで世界を変える」
アイドルと結婚したいために漫画を描いている女子高生漫画家。
いつか自分の作品が映画やドラマになればアイドルに演じてもらえるかもしれない、というのが夢。
そんな彼女にクラスのイケメン二人が恋をする。
逆ハーレム漫画。
男子が一生懸命なのにヒロインのスルーっぷりが楽しい。
秋田書店レーベルとは思えない。
小学館かと思ってた。なんでかな。

私はペンで世界を変える(2)(プリンセス・コミックス)
堂本 奈央
秋田書店 (2016-04-15)
売り上げランキング: 116,458



「宇宙戦艦ティラミス」
テシラミスのエースパイロットは戦闘用ロボットのコックピットが大好きなひきこもり。
コックピットでいかに快適に過ごすかに命をかけている。
……売ろうと思ったんだけど読み返したら面白かったので延命。
絵が無駄に美麗。

宇宙戦艦ティラミス 1 (BUNCH COMICS)

新潮社 (2016-05-09)
売り上げランキング: 20,603


「堕天作戦」
「裏サンデー」というWEBで連載していたときからコミックス化を待ち望んでいた。
いろいろな謎があふれててどうすんだこれ。
人類と魔神が武器を持って戦う世界で不死の青年が生きる道を模索する。
世界も話しもシリアスなんだけど、主人公がなんかとぼけてて息が抜ける。
墨ベタのない淡い世界。
主人公の目に映るぼんやりした世界なのかもしれない。

世界が描けているってこんな感じ。

dtn.png
小学館 (2015-12-11)
売り上げランキング: 1,697



ゴールデンカムイ9巻

楽しみにしている漫画のひとつ。
今回は白石が表紙だったけど、少女漫画すぎて、最初、平台でも見落としてしまった。

ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2016-11-18)
売り上げランキング: 41


「え? 白石今まで表紙じゃなかったの?」という驚き。
だって1巻から出てるのに。

脱獄犯とか人殺しとか、皮をはぐとか、殺伐とした世界の中で、アシリパさんのアイヌグルメと白石だけが息抜き。

それにしても今巻の白石のロマンスは物語的にはなくてもよかったよね!
いや、すげえおもしろいんだけど!!
話し的には不要だよね!
おもしろけど!!!!

この白石のロマンスを土方さんたちがどんな顔で聞いていたのか見てみたい。

gk9.png

ゴールデンカムイ 9巻 / 野田サトル

価格:555円
(2016/11/25 00:24時点)





漫画買いましたよ

全然知らない新人さんをなんの前情報もなく買うことがあります。
面白ければ当たりということで自分で自分をほめるし、ブログにも書きます。

そんなわけで今日も常連さんを含め新人さんを買ってみたんだけど、
美麗な絵なんだけど漫画の描き方がうまくないっていうか、
説明すべきところで説明できてなくて、どうでもいい情報いれてくるっていうか、
このシーン描きたいのはわかるけど、よくわかんないや、というわけで……うーん。
女の子が魔法の歌を歌うやつなんだけど、雰囲気ちょっと「宝石の国」に似てる(絵じゃなくてキャラの関係性が)。

それに比べて常連の

細野不二彦「いちまつ」3
いちまつ捕物帳 4 (ビッグコミックス)
細野 不二彦
小学館 (2016-09-30)
売り上げランキング: 1,261


今市子「萌の死角」5
萌えの死角(5) (KARENコミックス)
今 市子
日本文芸社 (2016-09-29)
売り上げランキング: 642


丹羽庭「トクサツガガガ」8
トクサツガガガ 8 (ビッグコミックス)
丹羽 庭
小学館 (2016-09-30)
売り上げランキング: 297


安倍夜郎「深夜食堂」17
深夜食堂 17 (ビッグコミックススペシャル)
安倍 夜郎
小学館 (2016-09-30)
売り上げランキング: 93


は安定して楽しめたなあ。

とくに「トクサツガガガ」は毎回私のツボを押してくれるというか、
今回も喫茶店で読んでてヤバかった。
「ぶっ!」って声が出ちゃって。
しかしもう8巻とは、早いなあ。
これが勢いというものか。

けっきょくいつも買う人の本が多くなるのは仕方がないのかな。
編集部にも新人をじっくり育てる力がないのかもしれない。

最近買った本では「グレンデル」という漫画がもう2巻目なんだけど、
これは当たりだったかな。
ちょっと「精霊の守人」みたいな感じなんだけど、いろいろと謎がちりばめられて。

グレンデル 2 (ゼノンコミックス)
オイカワマコ
徳間書店 (2016-09-20)
売り上げランキング: 10,270


ほかに新しめで読んでいるのは「辺獄のシュベスタ」。
辺獄のシュヴェスタ 4 (ビッグコミックス)
竹良 実
小学館 (2016-09-12)
売り上げランキング: 4,759


実は1巻読んだときは面白くなくて売っちゃったんだけど、2巻で修道院に入ってから面白くて続けてます。
母の仇をうつために悪魔的な教育に洗脳されていくふりをしながら
血反吐を吐いて耐えていく少女たちというのがね、
そしてふりかかる試練が生半可なものじゃなくて、
昔少女漫画の悲劇もの読んでいた時につながるような
(次々と襲い掛かる試練!みたいな)ハラハラ感がすばらしい。
絶対に太刀打ちできなさそうなのに、知恵と度胸と運の良さ(笑)で乗り越えていく。

1巻売っちゃったってのは、私にはときどきそういうのがあって、
あの「重版出来」も1・2巻は面白くなくて売っちゃったんだけど、
新人漫画家が出てきた3巻からは面白くてあつめてるんだよね。
でも面白いと思っても1巻買いなおしたりしなかったりするんだけど。
(しかし同じように1巻売っても次巻が気になって買うというのはあまりない)

ほかにはなかなかでなくて最近ようやく2巻が出た「雷神とリーマン」、
雷神とリーマン二 (クロフネコミックス)
RENA
リブレ (2016-09-10)
売り上げランキング: 954


身近なんだけどよく知らない題材に果敢にチャレンジする「おとむらいさん」、
おとむらいさん(2) (BE LOVE KC)
大谷 紀子
講談社 (2016-06-13)
売り上げランキング: 23,341


下手な絵とよくある設定なのに展開のうまさで見せる「グッドナイトワールド」、
グッド・ナイト・ワールド 1 (裏少年サンデーコミックス)
岡部 閏
小学館 (2016-04-12)
売り上げランキング: 47,029


美麗な絵とアシスタントさんの苦労がすごそうで、、
え? 1巻で終わりですか、話ないじゃん、キャラクターもかわいくて続き読みたいんですけどの「マリー・アントワネット」、

マリー・アントワネット (KCデラックス モーニング)
惣領 冬実
講談社 (2016-09-23)
売り上げランキング: 543


いろいろ謎をひきずるけどどうも作者の体温が低い感じで今後どうしようかと思っている「アヴァルト」、
チャレンジ精神は認めるけど今一つ漫画としての楽しさがでてない「ゼイチョー」、
達者な絵とやさしい雰囲気で和むんだけど話がないんだよなーの「猫のお寺」、
1巻がすごく面白かったのに2巻で失速したのは原作のせいですか「女騎士さんジャスコ行こうよ」、
大体ラノベを漫画家したらおもしろくないな「スライム」「獣人」「ドラゴンの赤ちゃん」、
あ、だんだんおもしろくない漫画の話になってきちゃったんでこのへんでやめとくけど

なにが言いたいかと言うと新人漫画家さんの漫画を買うときはばくちだよねってことです。





日本橋「こち亀展」行ってきました。

今シナリオ習ってて11月締め切りのNHKラジオドラマに出そうとがんばってんですけど。
書く時間が今しかないからがんばって書いて、ようやくあがりました。
来週の月曜、先生に見てもらってアドバイスいただきます。

そんな日々の中で、先日日本橋に行きました。
「レッドタートル」と「超高速参勤交代リターンズ」観に行ったんです。
その感想はそのうち書くとして、ふらふらっと通りかかった高島屋で「こち亀展」やってたんですよ。

DVC00020.jpg

水曜日だったんですがけっこうにぎわってました。

DVC00019.jpg

DVC00015.jpg

DVC00014.jpg

DVC00013.jpg

DVC00012.jpg

DVC00011.jpg

壁にこち亀の漫画がいろいろ抜粋して貼ってあるんですが、なんというか、
1Pでも面白いのな!
1Pで面白いからついじっくり見ちゃう。
そしてその前後が気になるからコミックスを読みたくなる。
これは卑怯(笑)。

DVC00018.jpg

DVC00017.jpg

DVC00016.jpg

こち亀は40年、一度もやすむことなく毎週掲載されたとのことですが、
人がおぎゃーとうまれていいおっさんになるその長い時間、遅れもせずに描き続けられたというのはほんとにスゴイです。

これはおみやげのメモ帖。

RIMG0453.jpg

RIMG0454.jpg

この新聞すごい。全部「こち亀」ネタ。(クリックで大きくなります)

RIMG0455.jpg

RIMG0456.jpg

RIMG0460.jpg

すでに秋本先生は次の作品にとりかかっていらっしゃるそうなんですが、
1年くらい休みたいとか思わないのかなー。

前にスケジュールが埋まってないと不安とインタビューでおっしゃってましたが
40年描き続けていてもそうなのかな。

秋本先生とかイチローとか、なんか、こういう人たちがいるとCMじゃないけど言い訳できなくなるからすごいよね。





こち亀ジャンプ 2016年 9/21 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

芳崎せいむさんの「Tシャツ日和」Tシャツいただいた!

芳崎せいむさんの「Tシャツ日和」という漫画を買ったら、帯にTシャツプレゼントの応募券があって、
こういうの当たったためしないんだよなーとか思いながら応募したら当たっちゃった!!

RIMG0415.jpg

RIMG0416.jpg

Tシャツにまつわるフィクション、ノンフィクションが描かれていて、
今「シン・ゴジラ」で話題の庵野監督が「エヴァ」の最終仕上げのときに
アストロ球団の「一試合完全燃焼」というTシャツを着ていたとか、
宇宙にいったら宇宙人がローリングストーンズのTシャツ着ていたとか。

私が好きな話は「ホドロフスキーの『デユーン』」のTシャツの話で
話そのものより私はこの「ホドロフスキーの『デユーン』」という映画が好きで好きで
映画というよりドキュメンタリーなんだけど、ほんとにこの
才能のある人が才能のある人たちを使って最高の映画を撮ろうとして挫折しちゃったっていうか、
いやクリエイターは四の五の言わずにこれを見ろっていう映画なんだけど
その映画とTシャツの話で、この漫画は「ホドロフスキーの『デユーン』」を見せるためのレビューみたいな作品だなあと。

音楽家を探してデザイナーを探して美術を探して俳優を探して
ぜんぶ自分でコツコツ歩き回って集めて、ものすごい量の絵コンテ描いて
できあがったら世界が変わるほどの映画だったんだろうにできなくて。
でも確実にその絵コンテ、美術はのちのSF映画たちに影響を与えて
才能が才能を生んでいくというのを目で見られるというのがすごいんですよ。

ホドロフスキーのDUNE [DVD]
TCエンタテインメント (2015-06-03)
売り上げランキング: 30,103


今回この記事を書くためにAMAZON探したらDVDしかないだとお!!
BLないのかよ!!

まあなんだ、この「ホドロフスキーの『デユーン』」の話が載っているからこのコミックスは私には特別だったんだよね。

で、いただいたこのTシャツ、生地も分厚くてゆったりサイズで
今も着てるんだけど最高です。
ありがとう、芳崎さん、ありがとう太田出版!

Tシャツ日和 [ 芳崎せいむ ]

価格:1,080円
(2016/9/17 01:37時点)
感想(1件)




「流星傘下」がいい

〆切前だけど一言。

最近ウエブ漫画からのデビューとか、話が面白ければ絵はどうでもいい、みたいな漫画ばかり読んでいた気がする。
でもこの「流星傘下」は「絵もうまくて」「話しもおもしろい」。

これだけ魅せる絵で、説明が少ないのに世界観がよくわかる漫画は珍しい、と相方ちゃんも太鼓判。

400年変わらぬ姿で生きるドラセナはそのため息で小さな国を流星群から守っている。
天幕と呼ばれる、そんな存在は自分だけなのか?
生きるために天幕の中に閉じこもる人々。
ある日ドラセナは自分と似た特徴を持つ娘、その子供と知り合う。
自分と同じ種族でも子孫を残すことができるのか?
自分はもともとは何だったのか。
はるかな時を生きるドラセナと、彼を孤独から救うために「天幕の国」を探すアンリの物語。

いろいろな謎はこのさき説明されていくとして、漫画としてきちんとしてて絵で魅せることができるというのは
それは漫画としてはあたりまえなんだけど、最近の風潮では奇跡的な感じ。

久々にちゃんとした漫画を読んだ。
この人は私は初めて知ったけど、BLで力をため込んでいた人なんだね。

17-9-9.jpg
ミナヅキ アキラ
講談社 (2016-08-17)
売り上げランキング: 50,452



近頃編集が仕事をしてないと思うような新人漫画が多すぎる気がするんだ。

他に最近おもしろかった新人系漫画では

「ウチの使い魔がすみません」
「超人間要塞ヒロシ戦記」
「堕天作戦」

とくに「堕天作戦」は続きが気になって気になって!!

血の一滴からでも再生する不死者。
人間と魔人が争う地球で、何度も殺されることに心がマヒして、生きながら死んでいるようだった不死者の主人公。
そんな彼に、心を殺してはいけないと教えてくれた魔人の少女。
自分のなぞ、世界のなぞをとくために彼は死にながら戦い再生する。

堕天作戦 1 (裏少年サンデーコミックス)
山本 章一
小学館 (2015-12-11)
売り上げランキング: 32,432


最近では一読して目が醒めるような漫画が少ない気がするんだけど、
「堕天作戦」「進撃の巨人」「重版出来」はそういう漫画。

まったりとたのしみにしてるのは
「ニーチェ先生」「目玉焼きの黄身いつつぶす」「ダンジョン飯」「らいか・デイズ」「野上くん」「かみあり」

全力でお待ちしているのは「だって小山くんが艶い」。はやく出さんか!!

ツイッターで人気の「猫のお寺の知恩さん」「神軍のカディット」はまだおもしろさがわからない。

プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON