HOME   »  同人関係  »  ちはやふるで描こう

ちはやふるで描こう

ちはやふるでコミケに参加するぞ、と書いてからメールをいただきました。
やはり「ちはやふる」が好きで同人誌を作りたいという方です。
でも「ちはやふる」の壁は高い!
絵がむずかしすぎるんですよ~!

で、どうすればうまく描けるか、と。

そんなの私が知りたい。

私は絵のプロではないのですが、漫画は趣味でずっと描いてきました。
だからまあ、とりあえず真似ろと。

隣に「ちはやふる」を置いて真似しろと。

そのときちょっとしたコツなんですが、本を描く紙の上部に置くんじゃなく、紙の左に置く。

どういうことかというと、人間の目というのは上下に動くより左右に動く方が早く見やすいんです。

これは右利きの人用なので左利きのひとは逆に。

真似る、ということにおいて「見る」というのは非常に重要なんです。
そして「見ながら描く」と意外にたくさんの発見があります。

あと、下書きはじっさいに描くといいですよ、鉛筆とかで。
デジタルでじかにグラフィックソフト使って描く人もいるだろうけど最初ならやっぱり手を動かした方がいいと個人的には思います。
鉛筆の自由さというのはこれはデジタルじゃおいつけないんじゃないかな。
あと今回自分で千早を描いてみて思ったんですが……

髪の毛は丸ペンのほうがいい。
あの細い線、流れるきれいな千早の髪。
パスツールとか使えばそりゃあきれいに描けるけど、漫画のような透明感でないんだよねー。
(髪の毛と眉がかぶさるところは眉をホワイトで抜くときれいに見える)
アニメ絵で描くならいいけどね。

んで、顔を描けるようになると次には人体、ポーズ。
思い通りに描けないとメールで言われました。

そりゃあそうだ。

これはもう家族や友人にポーズとってもらって見て描くしか。
私は鏡に自分を写したりしますが。
手とかは写真に撮ってみたりする。

それもむずかしいなら教本を使うこともやむを得ない。

マンガ・イラストを描く人のための作画資料ポーズ集〈VOL.3〉女子校編
マンガ・イラストを描く人のための作画資料ポーズ集〈VOL.3〉女子校編マンガ技法研究会

グラフィック社 2009-03
売り上げランキング : 201235


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009年に出ましたがロングセラーですね。
一人のポーズじゃなくて友達とかと一緒のポーズがあるので学園ものには最適です。

それからポーズを描くときコツを覚えておくといいのは服のしわ。

服のシワの描き方マスターブック (ナツメ社Artマスター)
服のシワの描き方マスターブック (ナツメ社Artマスター)ハードデラックス

ナツメ社 2010-07-21
売り上げランキング : 2346


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらもロングセラー。
千早のブラウスやかなちゃんの着物、太一のブレザー、新のジーンズ。
みんなしわが違います。
これを描けるようになったらかっこいいよな。

で、デッサンにはこれも使える。
ジュンク堂でもいつも置いてあるお役立ち本。

スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン
スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン林 晃 松本 剛彦 森田 和明

グラフィック社 2005-10
売り上げランキング : 2966


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これなー。
表紙で損をしてるよね。
だってカエルだもん。
表紙が悪くて手にとりにくい。
でも初心者向けにはいいと思うんだよね、漫画描く人には。

最後に堂々のデッサン本。
人物デッサンの基本 (ナツメ社Artマスター)
人物デッサンの基本 (ナツメ社Artマスター)鯉登潤

ナツメ社 2011-06-17
売り上げランキング : 698


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やっぱ基本だよ、という人はぜひ。
人間は骨で動いているので、まず骨の動き、直線でポーズをとってそれに肉を、皮膚を服をつける。
そういう方法なので後々、どんなポーズにも使えます。

そういうわけでがんばって苦労して千早を描いてみてください。

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON