HOME   »  TVドラマ  »  仁先生のお弁当

仁先生のお弁当

うわーん、七話は野風さんに泣かされちゃったよー。
ドラマの感想などはまた後日詳しく!!

セブンイレブンとJINのコラボですが、店内はJIN一色でしたよ。

RIMG0062.jpg

RIMG0065.jpg

RIMG0063.jpg

コミックスもずらり。文庫は小さすぎるという方はこのライト版で。

RIMG0061.jpg

安道名津の大袋入りも購入しました。

RIMG0059.jpg

こちらが中身です。一口サイズで食べやすい。お味の方はまあ……さほど……。
食べやすいので仕事のあいまに放り込んでいます。

RIMG0060.jpg

それでこっちが噂の橘家のお弁当。450円。

RIMG0075.jpg

これはねー、おいしいですよ!
特に揚げ出し豆腐うまい。しょうがが効いているように思ったのは横にしたせい? 大きなつくねや鳥塩焼きもうまいです。
ごはんもみっちりはいっているので食べ応えあります。
ヤマサの醤油で味付けした煮つけは少し薄味でしたがおいしかったです。
いやこれほんと、おいしいです。

RIMG0076.jpg

ところでこのセブンイレブンとJINのコラボでプレゼントというのには罠があります。
気をつけてください。

実はセブンイレブンでは現在2つのキャンペーンをやってます。

ひとつは①「JINグッズプレゼントキャンペーン」
これは対象商品を購入するとレシートにシリアルナンバーが刻印され、それを携帯電話からアクセスしてその場であたりがわかるという、モバイル専用のキャンペーン。
当るのはポスターや公式ガイドブックのつめあわせです。
注意すべきは対象商品が1個売りの「安道名津」「橘家のお弁当」「橘家の揚げ出し豆腐」、この三種類だけということです。
かりんとうを買っても、袋入り「安道名津」を買っても駄目なんですよしくしくしく……←買ったやつ
これが第一の罠。

もうひとつが700円以上購入するとその場でくじが引けるという②「セブンイレブンフェア」
こちらは700円以上なんでも買うとその場でくじをひいて当たればその場でなにかもらうか、応募券としてためておいてあとでJIN関係のプレゼントに応募できるというものです。
その場でもらうものはセブンイレブンの商品で私はガリガリくんが当たりました……。JINグッズかすりもしねーじゃんか!!

応募券でためておけばよかった……
これが第二の罠。

こちらは「幕末縁の地のホテル宿泊券」とか「仁先生サイン入り診療箱」とかマニアにはたまらないものが当たります。仁先生サインって「仁」なんでしょうか、「大沢たかお」なんでしょうかね?

course02.jpg

さて、それでは①の商品を含めて700円以上購入した場合はどうなるでしょう。
当然くじが引けてシリアルナンバーが刻印されたレシートももらえます。

うう、二回目の応募も外れだったぜ!

拍手&コメントありがとうございました。

高塔さん>龍馬について熱いコメントをありがとうございました。私が龍馬に初めてであったのは高校生のとき、司馬遼太郎の「龍馬がゆく」でした。すでにあれから数十年、話はほとんど忘れてしまったので、去年の福山龍馬が最新の龍馬像となります。
あのドラマの脚本はまあよくもわるくも自由奔放で、脚本よりは映像や演技でもっていかれたというのもありますが、龍馬が武家制度をなくしてしまう意志があったように描かれていたようでした(とびとびに見てたので記憶はあいまいですけど)。仲間や武市さんの死の影響だったんですかねー。
今回の内野龍馬は長州の農民が戦っているのを見て「あれは百姓じゃ。百姓が侍と一緒に戦っている」と涙していました。なので高塔さんのおっしゃるように、「農工商の人々を士のところまで引き上げるという意味合いが強かった」ような描かれ方です。
龍馬が武器の取り引きに手を染めたことに対して否定的な気持ちを持つのは、わたしたちが現代人だからじゃないのかな……というのはおっしゃる通りで、その現代人の代表である仁先生が否定的に叫ぶのも仕方ないですよねー。それに対して「きれいごと」と言うのは当時最前線で戦っていた龍馬だからこそ。
現代人の考えと当時の人間の考えをぶつけてみる、というありえない場面こそ、SFの「ワンダフル」です。
「JIN」から目が離せないのもこの「ありえなさ」「歴史のif」をいったいとういう終わり方で見せるのか、決着をつけるのか、先の読めない楽しみがあるからでしょうね。

維新恋華 龍馬外伝 (通常版)維新恋華 龍馬外伝 (通常版)

D3PUBLISHER 2010-11-25
売り上げランキング : 6029

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


拍手だけの方もありがとうございました。

JINでたくさんの検索ありがとうございます。水曜くらいに7話の感想などUPします。


関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON