HOME   »  特撮  »  SPACE BATTLESHIP ヤマト あらすじネタバレ感想2

SPACE BATTLESHIP ヤマト あらすじネタバレ感想2



先週の水曜にもう一度ヤマトを観に行った。
今度はレディースデーで女の子多い、ああ、やっぱりレディースデーは落ち着くな。
年齢はバラバラ。年配の人もいれば若い子もいる。

超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト (初回特典付き)超合金魂 GX-57
宇宙戦艦ヤマト (初回特典付き)


バンダイ 2010-11-27
売り上げランキング : 2333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、続きだ。すっげー長いからね、覚悟はいいですか?
前の記事に少し追加もしたけど、とりあえず次のメインがガミラス登場のシーン。
何度目かのワープで太陽系を離れたヤマトはガミラスの小型機がワープにまきこまれて漂流しているのを拾う。

アニメではガミラス人を見て「俺たちと同じじゃないか」と古代がショックを受けていた記憶があるんだが。
映画で事前にはまったくガミラスの情報は出てこなかったので、ガミラス人がどういう姿をしているのか、これが関心の的。
格納庫に収められたガミラス機を見て、ヤマトのクルーたちが「コックピットはどこだ」とか言ってる。なんか機械が溶けたようなぐにゃぐにゃした機体。
こういうぐにゃぐにゃ機体ってエイリアン以降じゃないのかな。
で、生体反応はないってうかつに近づくと……

ガバッと。

でてきましたガミラス兵!

おお、こう来たか~って感じの。
これがまた機械と生物の合体みたいな姿で動きは昆虫ぽい。
床や天井やらを走り回るのを銃で撃って倒すんだけど、またまたうかつに近づいた斉藤が、ガミラス兵の中から出てきた結晶みたいのに取り憑かれてしまいます。

そこで斉藤の口を借りて自己紹介。

「わたしはデスラー」

デスラーは個であり全である。アルファでありオメガである、と言う。
いわゆる意識集合体のようなものだと。
意識はその結晶で、虫みたいな身体は活動用なんですかね? きぐるみっていうか。
古代が斉藤をショック銃で撃って気絶させ、飛び出した結晶は真田が止めるけどみんなが一斉に撃って壊してしまう。

超合金魂 GX-58 地球防衛軍旗艦 アンドロメダ超合金魂 GX-58
地球防衛軍旗艦 アンドロメダ


バンダイ 2011-02-28
売り上げランキング : 470

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そのあとバーで斉藤たち機動部隊と古代たちが「ショック銃のレベル2っていったら熊でも気絶しちまう」
「じゃあレベル2でよかったんだ」「きっついよなー」あははうふふ……
なんて楽しいシーンをはさみ、沖田艦長の具合が悪くなって古代が艦長代理になるシーン。

で、艦長代理になったらすぐにガミラスに襲われてしまう。
古代はコスモタイガー部隊を出撃させ、迎え撃つ。

ここできました、第三艦橋の悲劇。

アニメでも何度も爆発しては生えてきた第三艦橋ですが、下部にガミラスの船がはりついて自爆しそうな勢い。
古代はヤマトを守るために、出撃していた森雪に第三艦橋を切り離せと命じる。
第三艦橋には古代の昔の知り合いもいたのに。

大を生かすために小を切り捨てた古代。
自分はどうすればよかったのかと沖田に尋ねる。

「過去にこだわらず、今を生き抜くのだ。俺も君と同じだ。指揮をやったものにしかその重圧は分からない」

今までさんざん俺はあんたと違う、部下を見捨てない、なんで兄さんを見殺しにした、と楯突いていた古代。ここで初めて艦長としての重い使命を理解する。

森雪は自室で味方を殺してしまった思いにうちひしがれている。
そこに古代がきて「ひどいことをさせた」と謝る。
思わず感情的になる雪を抱き締める古代。
共に仲間の命を奪った二人の、二人だけの罪の共有。

それはわかるんだけど。

なんでキスする!

古代が艦長として仲間の命を奪った自分のつらさに耐えかねているのはよくわかる。だけど雪がいやがったらセクハラじゃないかー、いやがんなかったけど。
まあもともと森雪は古代に憧れていたとか、命を助けられたとか、古代にもう家族がいなくてかわいそうとか、いろいろエピソードはあるんだけど、やっぱり唐突なような気がしたなあ……

そしてヤマトはワープ。
ワープの特殊効果の中でベッドに倒れ込む二人。
森雪の長い髪が古代を覆って隠すところはきれいだった。松本零士っぽい……

ワープが終わるともうイスカンダル。青い昔の地球にも似た。
イスカンダル到着に沸く第一艦橋に古代が(さりげなく胸元をいじりながら)戻ってくる(ジッパーがあがりきってない)。

ブラックタイガー (宇宙戦艦ヤマト)ブラックタイガー (宇宙戦艦ヤマト)

バンダイ 2005-02-27
売り上げランキング : 2839

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ところがそこへ敵襲。なんとイスカンダルの方面から。
大群に襲われてヤマト絶対絶命で古代がもう一度ショートワープ。
計算もできずにがむしゃらワープで、島も真田も大反対。でも古代が無理やりワープ装置に手をかけ、それを見た島が泣きそうな顔で思い切りワープ装置を作動させる。
ここ、緒方直人さんがすごく素敵だった……!!
ワープで出た先はイスカンダルの裏あたり。そこで見たイスカンダルはさっきの青い惑星とはまるで違う真っ赤な、放射能に汚染された地球と同じ星。

イスカンダルはガミラスの罠じゃないか、というクルーに、古代は「メッセージが伝えてきた座標はあの惑星の地下をさしている」と地表へ下りることを決意。
このとき真田が「放射能除去装置は嘘かもしれないなあ」と呟く。
古代は「沖田艦長の地球を思う気持ちに嘘はなかったはずだ!」と反論。
イスカンダル・ガミラスの地表へおりるとき、木村古代はマイクをつかってヤマト乗組員に檄を飛ばす。

「この戦いに勝とう! そして、可能性を本物の希望に変えよう!この船の願いを、沖田艦長の思いを!」

熱い熱いメッセージ。
第一艦橋ではみんな空白の沖田艦長の席に向って敬礼、全乗組員も敬礼。病床で聞いていた沖田は苦虫をかみつぶしたような表情でちょこっと敬礼するんだけど、ここがすごくいい。苦虫なのに照れくさいんだなってのがすごくよくわかる。

ガミラスでは地表に無数の迎撃装置がしかけられている。コスモタイガーでは気づかれるが、昔のコスモゼロなら気づかれないと言う古代。エンジンをかけるとそれでもばれちゃうので自由落下で行く、と。
地表では斉藤たち空間機動隊が戦う。出番のなかった斉藤たちハッスル。
「これこそまさに燃える状況だぜえ!」
意気軒昂な空間機動隊がオバカな感じでかわいい。

古代はアナライザーをコスモゼロに搭載。「コチラデハ オヒサシブリ デス」と挨拶するアナライザー。
アナライザーはipadみたいな外見だけど、いろんなハードに組み込んで独立して使えるツールなのね。
出撃準備をしている古代のところにくる雪。
「なに?」
「お手並み拝見といこうかなー」
「バーカ」なんてじゃれたあと、古代のコックピットに雪がキスマークをつける。
くっきり残る唇のあと。いーってする雪がかわいい。
「今ノ 雪サンノ 行動ノ意味 ハ?」と聞くアナライザーに「これこそ燃える状況!」と古代。
このへん楽しい。

コスモゼロ (宇宙戦艦ヤマト)コスモゼロ (宇宙戦艦ヤマト)

バンダイ 2005-02-27
売り上げランキング : 3692

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、コスモゼロはエンジン切って自由落下でガミラスの地表へ。
1回目見てたときはよくわからなかったけど、自由落下しながら迎撃装置にヤマトの主砲が当るようにマーキングしていったんだね。
で、地表近くなってぶつかる直前にエンジン始動。ガミラスの迎撃装置が作動する直前、ヤマトがつっこんできて迎撃装置を破壊。直後にワープしてまた消える。
……ちょっとわかりにくい。ヤマトはワープしてきたのかな? ここのヤマトの動きを誰か説明してください。

そのあとコスモタイガーと空間機動隊が地表に突入。
ガミラスの地下は非常に美しく描かれている。アニメみたいに溶岩の海とかじゃなく、なんか青くてきらきらしてる。
敵の迎撃もすさまじく、コスモタイガーも次々やられ、残すは4機。

地表におりてトラック型になり、突入するが、わらわらと無数のガミラス兵が襲いかかってくる。
古代はアナライザーに「自立モードで俺たちを守れ!」と命令。
「リョウカイ」とコスモゼロからアナライザーがぽーんと飛んで……

今回の映画で最大のビックリ。

バトルモードアナライザー、しかも足長っ!!

宇宙戦艦ヤマト アナライザースタチュー
B000NOEIKG

これじゃない。

アナライザーの勇姿は映画で観てもらうとして。
大爆笑もあがりましたがなかなかかっこよかったですヨ!!

しかし、アナライザーはガミラス兵に破壊されてしまうの。
「すまない……アナライザー……!」
古代の唯一の家族であり友人であったアナライザー死す!

コスモタイガーの古屋(迎撃)、山本(カーゴをかばって)、加藤(古代たちを逃がす盾になって)もどんどん死んで、最後には古代と雪、斉藤と真田だけになる。
ようやく座標の示す場所に出るとそこには輝く結晶体が。
それが手を伸ばした雪の中に入る。

以前斉藤がガミラス・デスラーに乗っ取られたときと同じ状況に。

雪を乗っ取った精神体は、自分たちはガミラスに反対する意識の一部であると告げる。
ここで黒木メイサの目が青くなるんだけど、青くなるとこの人の目の大きさが左右違うってはっきりわかって、それがすごく気になった。斉藤(池内博之)のときはきれいな目だったんだけどな。

「放射能除去装置は?!」と聞く真田に「そういう名称のものはありませんが、それくらいできます」と答える精神体。
ここで古代の回想。実は古代は沖田から放射能除去装置は嘘だということを聞いていた。古代がメッセージを拾ったとき、放射能に汚染されていなかったことに希望を賭けたのだ。きっとなんらかの方法で放射能を除去できると。
沖田艦長の希望がホンモノの可能性になったのだ!

コスモタイガーに帰る途中、真田は巨大なエネルギーをもつ中枢建造物を発見、ここを爆破する、と言う。そして古代たちに帰れ、と。
真田さんを置いて帰れません、という古代に、「古代、俺はお前を弟のように思っていたぞ」と頭を撫でる真田。「立派な艦長になるんだぞ……」

ああああ~、真田さあああああん。
そしてギバちゃああああん、あなたのヤマトに対する愛は確かにうけとったあああ!
ヤマトで演じるなら真田、真田大好きギバちゃん。ここはまさに青野武さんの台詞そのまま。

真田は斉藤に守られながら中枢へ。爆弾をしかける真田に斉藤が言うヤマト名台詞のひとつ「あわてず急いで正確に」。
斉藤は銃火器を操って真田を守るがどんどん撃たれてしまう。胸からお守りを出して「もうちょっとだけたのんます」。このお守りはおかあさんがくれたお守り。泣ける。
やがて爆弾をセットし終わるが、斉藤は仁王立ちになったまま死亡。真田も撃たれるが、ニヤリと笑ってリモコンスイッチを押す。
───いや、こんな危機的状況なら時限装置にしておこうよ! 撃たれて即死だったら爆発させられないじゃん!
……でもまあ真田さんの「ニヤリ」はファンなら絶対いれたいもんなー、しかたないか。

ガミラス中枢の爆発を受けながら古代と雪は残っていたコスモタイガーで帰還。
放射能を除去できることを沖田に報告。

遊歩計 宇宙戦艦ヤマト~歩いてイスカンダルへ~遊歩計
宇宙戦艦ヤマト~歩いてイスカンダルへ~


バンダイ 2008-12-06
売り上げランキング : 4454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そんでワープを重ね、地球が見えるところまで帰ってくると、地球から通信がはいる。

橋爪長官「ヤマトか?! 放射能除去装置は?!」
古代「手に入れました!」
橋爪長官「ほ、本当にあったのか……沖田は賭けに勝ったんだな……」
古代「もうじき帰ります。もう少しだけ耐えてください……!」

沖田艦長は窓から赤い地球を見ながら手元の写真をいとおしそうに撫でる。
「地球か……なにもかもみな……なつかしい」

希望に包まれて一路地球を目指すヤマトだが(乗組員は37名に減っている)、突然ガミラスからの攻撃を受け、船に大損害がでる。
西田敏行の徳川機関長も倒れる。
「エンジン出力低下なれど……航行に支障なし……!」
最後までエンジンを守った西田機関長迫真の演技!

混乱する船の中にガミラスの結晶体が現れる。

「ヤマトの諸君……」

それはガラスのようなプリズムのような人の姿を取りながら、
「我々はほとんど滅んでしまった。しかしこのままではすまさん」と捨てぜりふ残して消える。

ヤマトと地球の間にワープしてくる巨大ガミラス艦。それはエネルギーを上げ自爆する気か。
古代は沖田艦長に指示を仰ぐ、と第一艦橋から出ようとするが、入ってきた佐渡医師の顔を見てすべてを悟る。

宇宙戦艦ヤマト画報―ロマン宇宙戦記二十五年の歩み (B Media Books Special)宇宙戦艦ヤマト画報
ロマン宇宙戦記二十五年の歩み
(B Media Books Special)

スタジオハード

竹書房 2001-02
売り上げランキング : 133489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もう沖田艦長はいない。自分がなんとかしなければ……!
しかし波動砲の主砲は敵のミサイルに塞がれていて発射できない。
「考えろ! 考えろ、古代!」

「……南部、エネルギーはまだ残っているんだな」
「1回分だけありますがこのまま撃てばヤマトは……」

古代は乗組員をカーゴで脱出させ(もう12名くらいしかいない)自分がヤマトで特攻をしかける決意をする。

「俺がこの艦をつれていく」

「俺だって残るぞ」と言う島に「雪を、放射能除去装置を無事に送り届けるにはお前の操縦技術がいるんだ」と説得。苦い思いで古代に操縦を渡す島。
「あたしも残る」と言う雪を抱き締めて
「俺にはもう家族はない。でも、この船で君と会えた。そして、雪を守りたくて……もう一度緑の地球を見せたくて……」
古代の目に涙がにじむ。
「この戦いに負けたら、今までやってきたことが何の意味もなさなくなる」
 いやいや、と雪は顔をくしゃくしゃにして頭を振った。
「古代さんがいない世界なんて……何の意味もない!」
「雪………」
 古代の手が雪の髪を撫でた。
「これで地球が助かるのなら、俺が地球になるってことだよ………」
バカバカと雪の手が古代の胸を打つ。古代は涙をこらえ、そんな雪の小さなあがらいを笑った。
「俺は地球になって雪のそばにいるよ」
暖かな雪の身体。この熱を、しなやかさを、柔らかさを、ほんの数時間前に抱きしめた。そのときは永遠だと思っていたのに今ここで手放すのか。

手放したくなく、離したくはない、雪と共にいたい―――

しかし、古代は銃のメモリを0にするとそっと銃口を雪のうなじに当てた。
「愛してる」
ビクンっと雪の身体が硬直し、直後崩れ落ちた。古代はその身体を支え、抱き上げる。
両の腕にかかる重み。命の重み、愛の重み。
作戦デスクの上に横たわらせた雪の顔は美しかった。なめらかな頬、つややかな唇。二度と見つけることのできない笑み。
できるならずっと抱きしめていたかった。
君と二人で緑の地球を見たかった。
その大地には風が吹き、君の髪がなびき、微笑があり、そして俺たちの子供が、たくさんの子供たちが駆けていくだろう。
笑い声に満ちた緑の地球。そこにはいつも君がいる……


──────はっ、ついTL作家の魂が余計な装飾を。

そんなわけで気絶した雪を戻ってきた島に託す。
ドアのところで古代と別れる島は最後に言う。

「いい艦だ……無駄にするな」

微笑む古代。

もうね、このあたりでレディースデーだったこともあってすすり泣きの嵐。
わたしもうるうるしてますよ。
ええ、お約束のお涙頂戴だろうがなんだろうが。
キムタクは古代進に見えました。

そして艦長席に座り波動砲を用意する古代。
目の前には沖田が、斉藤が、真田が、コスモタイガー隊が、徳川機関長が笑っている。
「さらば」でわたしが号泣したシーンそのままですよ。

「エネルギー充填120% ターゲットスコープオープン」
「 目標、敵ガミラスミサイル艦」
「発射まで10秒、5、4、3、2、1……」
「───ゆき……!」


宇宙に静寂の閃光が走る。



そして何年後か、緑の大地を取り戻した地球に佇む雪の姿。
「ママー」と走ってくる子供。
あのワープのときの子供かい!
ワープ時間は短かったはずだからできたとは思えないんできっとワープしたんですね。


ヤマト 完

最後に流れたのはスティーヴン・タイラーの曲でしたが、できればそのあとにヤマトのオリジナル曲を流してほしかったなー。
音楽はヤマトのテーマをテンポや演奏や楽器を変えて何度も何度も流れてそれはそれですばらしかったんですが、やっぱり佐々木功さんで歌ってほしかった。きっと映画を観ている人みんなが心の中で合唱したと思うんだけどな。
つっこみどころも満載ですが、なによりヤマトへの愛をたっぷりと感じられた作品でした。
「思ったよりよかった」
みんなそういう感想になると思うけど、あのヤマトを実写化して「思ったより」よかったっていうのはすごいと思うんだよね。
みんな心の中に自分のヤマトがあるんだから。
その心の中のヤマトと比べて「思ったより」なんだから。

劇場で観る価値のある映画なのでぜひ、女性は水曜日に行ってください。

ヤマト


SPACE BATTLESHIPヤマト感想1



映画のブログをもっと見る↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON