HOME   »  アニメ  »  おまえ、うまそうだな

おまえ、うまそうだな

「おまえ、うまそうだな」を観てきました。

アニメえいが おまえうまそうだな
アニメえいが おまえうまそうだな


肉食恐竜の子供が草食恐竜のおかあさんに育てられてて草食恐竜のおにいさんもいて、でも子供の頃に同じ肉食恐竜に出会い、自分が母親を食べてしまうかもしれないという恐怖から母親のもとを逃げ出し、はぐれものの肉食恐竜として強く生きてきたんですが、たまたま草食恐竜の卵を拾ってしまう。生まれてきた子に「おとうさん」と呼ばれとまどいつつ一緒に暮らし始め、このままじゃいけないよな、とその子に生きるための術を教えやがて別れる…という話。

実際はここまでで半分で、後半はもっと熱い話になるんですけど。

童話が原作だけあって単純な絵ですがお話はけっこうドラマ。そしてよく動きます。
肉食恐竜同士のバトルなども迫力あり、大画面で見てよかったと思いました。

同じようなテーマに「嵐の夜に」もありますが、「うまそうだな」のほうがテンポやストーリー運びがよかった。「嵐の夜に」はちょっとゆっくりだった。まああのゆっくりさ加減も羊のほんわかした雰囲気にはあっていたけど。
「嵐の夜に」で、夜中に狼のガブが一人で肉を食べに行って、それに羊のメイが不快感を示すシーンがありましたが、「うまそうだな」では主人公の肉食恐竜ハートがおかあさんを探す夢を見て、
「おかあさん! おかあさん! どこにいるの?」
「ここよ、おかあさんここにいるわ」
「おかあさんどこ?!」
「いつもハートと一緒よ。だっておかあさんのこと食べちゃったでしょ」

という衝撃的なシーンが。
うわーえぐいー。

レディースデーの朝一に観にいったんですが、ファミリーのほかにいかにもアニメファン(若くない)という一人観の人がチラホラいたのがなんだか嬉しかったです。
そして後半からずっとすすり泣いている女子がちょっとうるさかったです。ハンカチは必携ですよ。

ハートに拾われた草食恐竜「ウマソウ」役の子供店長も上手にしゃべっていましたよ。

おまえうまそうだな (絵本の時間)
おまえうまそうだな (絵本の時間)宮西 達也

おすすめ平均
starsこれを映画にするのはどうかと
stars映画のコマーシャルを見たのですが
stars絵からあふれ出す親子の愛情と感動
stars泣ける恐竜絵本。
stars「グッ」とくる話です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【12年10月24日追記】
この映画については思い出したようにコメントをいただきます。
この作品は人の心になにかいろいろと残すもののようです。

この記事以降、いただいたコメントなどに関しては下記に記載しましたので、興味がおありの方はどうぞ。

12/5/26のコメント

12/6/1のコメント

12/8/2のコメント(藤森監督について)

12/9/12のコメント(藤森監督について)

12/10/9のコメント

12/10/15のコメント

12/10/26のコメント

にほんブログ村 アニメブログへ
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON