HOME   »  昭和のアニメを語る  »  未来警察ウラシマン──昭和のアニメを語ろう

未来警察ウラシマン──昭和のアニメを語ろう

現代に生きていた青年がタイムスリップし、未来の東京───ネオトキオにやってくる。タイムスリップのときに超能力を得たはずだという警察署長の強引な理屈で警察官になり、ウラシマリュウという名を与えられる。リュウは二枚目半で器用のクロードと、元修道女のソフィアと三人でチームを組み、悪の組織ネクライム───のちクリスタルナイツと戦う。
果たしてリュウの超能力は存在するのか、彼は過去へ帰れるのか、そしてネクライムのボスと関係があるようだがそれはいったいなんなのか?

そんなふうなSFアクションコメディミステリサスペンス??



ウラシマンは私が初めてDVDBOXを買ったアニメでもある。購入したのは5年ほど前だ。届いてからそれが中国製品であることがわかった。
ヤフオクで買ったんだもんなあ。
やすかったもんなあ。
違法コピーかパクリ製品なのだろう。
しかし画質には問題なくちゃんと観ることができた。
ウラシマンは最初観た時は大友克洋のキャラかと思った。キャラクターデザインはなかむらたかしさん。幻魔大戦に参加されていたのを知っていたので、ああ、影響受けてこういう絵になっちゃったのね、と思った。そのあとだか前だかに名作劇場のピーターパンでもこのタイプの絵だったから、自分の絵になってしまっていたんだと思うけど。
それまでタツノコプロのアニメというとやはり吉田竜夫さんの絵が代表作で、ガッチャマンやポリマーのような濃い絵が頭にあった。ギャグものにしてもハッチやタイムボカン、一発貫太くんのような癖のある絵だった。
ウラシマンに癖がないとは言わないが、色合いも今までより薄めでシャープな感じが都会的でかっこよかった。ミャウだけがかろうじて今までのラインを残しているかなあ、と思った。

そしてせりふ回しもずいぶんしゃれてておもしろかった。シリアスなキャラがコメディをやるというのはポリマーもそうだったが、ポリマーの場合は車錠という探偵のおっさんが一人でボケていたため、そのギャグは漫才よりは一人芝居のギャグに近かった。しかしウラシマンはクロードがボケてリュウがつっこみ、リュウがボケればクロードがつっこみ、最後はソフィアがどつくというようなテンポのいい会話で、三人が画面にいるだけで楽しかった。
それにかっこいいミレーヌやルードヴィッヒ、スティンガー部隊が絡み、いろいろな犯罪計画を打ち倒していくというのもわくわくさせた。
またこのミレーヌがむちゃくちゃ色っぽくてクールでいいんだよねえ。

当時の同人誌でミレーヌのキャラデザインはある広告の女性そのままを使用したという暴露記事があったが(その写真もあった)、今なら「パクリ!」とか大騒ぎするんだろうけど、当時は「ああ、ここからもってきたんだー、すげーそっくりだー」で微笑まれていただけだった(笑)。キャラクターデザイナーや絵描き本人が「これみて描いた」って堂々と言っていたしな。
著作権に対して意識が薄いってことなんだろうけど、アニメに限っていえば、動き出して画面の中で生き始めた瞬間から、そのアニメの登場人物になるんだと思う。

改めてDVDを観ると、中にはあまりおもしろくないものもあるけれど、当時私が興奮した「ネオトキオ発地獄行」が全編なかむらさん作画だったりして、今更ながらおお、自分の目は節穴じゃなかったと喜んでいる。
改めて見ても、ソフィアがボールペン?くわえてモニターをチェックしつつコードをひっぱって移動する動きとか、クロードが新幹線と追いながらコミカルな動きをするところとかが楽しい。

リュウとクロードのお気楽ポリスアクションの中で、リュウとネクライムのボス・フューラーの関係が指先の棘のようにひっかかっていたんだけど、結局おおかたの予想を裏切った描き方になってしまった。実際は視聴者の予想に近いものだったのが途中で路線変更になったとも聞いた。
そして最終回一回前の、時空の中でのリュウとフューラーの会話は切なかった。年をとり、死をおそれるフューラーが時空を越えたリュウの超能力に最後の希望を託す。しかしリュウはそれを拒む。かなり長い会話だけれど全然退屈しなかった。フューラーを拒み、彼を助けることができないリュウの心がかわいそうで仕方がなかった。
すべての死にいくものに対する生きているものの心。そしてその生きているものだって死んでいく。当たり前のことに目を背け、足掻くのは当然の感情だ。本能だ。リュウにもわかっている。困った人がいたら手をさしのべずにはいられないリュウが、初めてここで人を拒む。
全話かけてリュウとつきあってきた私たちはそのときのリュウの気持ちが痛いほどわかるのだ。

「フューラー、俺はお前の痛みがわからない大馬鹿野郎なんだよ……」

おしゃれで明るい「ウラシマン」は最後も明るく終わっている。
このなんでもありのドタバタな感じは遠く未来で「銀魂」なんかに受け継がれていると思うんだけど───どうかな?

未来警察ウラシマン DVD-BOX1
未来警察ウラシマン DVD-BOX1
おすすめ平均
stars懐かしいですね
stars生涯イチのアニメ! タツノコプロ最高!
stars神谷明、初の三枚目を演じる
starsミッドナイトサブマリン
starsだまされたと思って、観て!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
Trackback
Trackback URL
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON