FC2ブログ
HOME   »  邦画  »  剣岳・点の記 感想

剣岳・点の記 感想

「剣岳・点の記」はノーCG、ノー特撮。
大自然の美しさと厳しさと人間の小ささと、そしてその小さな人間が一歩一歩少しずつ前進して、とうとう剣岳のてっぺんに立つさまを淡々と丁寧に描いてました。

劔岳 点の記 [Blu-ray]
劔岳 点の記 [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.02.14
ポニーキャニオン (2009-12-11)
売り上げランキング: 43,862


それはもちろん、雪崩も岩崩れも、崖から落ちたりも、雪原を滑り落ちたりも、嵐も怪我もあるんだけど、「ファイトー!」「いっぱぁーつ」のようなドラマティックな演出はない。
自然に対し謙虚で礼儀正しい人たち。
美しい立山連峰。
立山から見える遥か遠くの富士山。
DVDで観るにしても、できればハイビジョンで観てください。

しかし「剣岳・点の記」は年配の男性率高いので、映画館がポマード臭かったです(笑)。

誰かが行かねば、道はできない -木村大作と映画の映像-
木村 大作
4873763134


映画のブログをもっと見る↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON