HOME   »  自作小説とその周辺  »  サーチの墓場

サーチの墓場

先日キンカ堂の記事をUPしたら一時的にすごくアクセスが伸びた。キンカ堂の記事なんてみんな書いてるのになぜだろうとグーグルにいくと、グーグルの1P目の下のところ、時々関連ブログのカテゴリがでるじゃないですか(あれ、でたりでなかったりするのはなんでかな)、あそこに「よろめ記」が入ってたんです。
そのあと記事に追記して再UPしたせいかそこから名前は消えたけど、こんどはYAHOOからの検索が多い。
そこも調べてみたら「キンカ堂 倒産」のキーワードをいれて「WEB」じゃなくて「ブログ」で検索するとうちが1P目にでてくるんです。
検索の力ってすごいなー。
そういえば「ちはやふる」の記事もまだまだ検索でアクセスされるし、「感染列島 あらすじ」のアクセスも多い。
自分としては「感染列島」より「252」の方がおもしろいし力をいれたレビュー書いたつもりだったんだけど…あ、今「252」の感想検索しててわかった、「252 生存者あり」までタイトルにいれないとだめなんだ!

それはさておき、二時創作のサイトって今は「検索よけ」をするのがデフォルトになっているようですね。検索でやおい系をしらない人や18禁にOUTな人がこないようにってことなんだろうけど(あと関係者よけ?)、じゃあなにで探せばいいのかっていうと「サーチ登録」「同人誌検索サイトに登録」してるサイトを探せ、と。
ご存じない方のために説明しますと、多くの二時創作サイトは、そのサイトを探す人のための「○○サーチ」「○○検索」(○○にはオリジナルのタイトルがはいる)に登録します。すると同好の士がやってきて好きなサイトを探すことができるんですね。、
「サーチ登録」にはサイトの説明が乗ってて、男×男扱ってます、とかノーマルカップリングで18禁です、とか、ギャグです、オリジナル設定です、と宣言してあるから、そこから先は自己責任ってことで。
二時創作・パロディ・同人っていうのは「好きな人だけきて、嫌いな人は見ないで」ってスタンスだからね。

でもちょっと待って。
そのサーチだって永遠じゃない。現に私の登録していた「妖奇士」のサーチだって閉鎖したし、人気が下火になれば、あるいは運営していた人がもうやめると言い出せば終わっちゃうんだよ。
そうしたら遅れてきたファンや、もう一度二時創作を見たいって人はどうやって探せばいいんだろう。
うちみたいな雑食ブログにだって「大介×甲児」で探しにきてくれたり、「マリア・フリード エロ」で探しにきてくれたり、「白鳥のジュン」や「妖奇士 小説」「うる星やつら BL」、最近きたマニアックなところでは「宇宙兄弟BL同人」(兄が受けだよね)とか、必死にたどり着いた人々がいる(ごめん、期待にそえなくて)。

みんなが自分の嗜好を満たすべく探している。

まあ、恋と変の区別もつかない精神年齢の幼い人々が、検索でふらりといきなり濃いどろどろやおいとかにたどり着いたら……それはやっぱりまずいんだけど───検索でたどり着くっていきなり「そのシーン」とかからはいったりするからね、入り口から入って自己判断する余地がない。18禁ものを子供が見ても、そこに「羞恥心」や「罪悪感」をちゃんともっていればわたしはいいと思うんだけど、そして現実とお話の区別がついていれば───、そうやってつぎつぎとはやりでないサーチが消えていって手がかりすらないというのは悲しすぎる。

だからどこかにそういう「サーチ」の墓場みたいなものがつくれないだろうか?
管理者がやめたあともリンクが残っているようなそんな異次元世界のような場所はないだろうか。
そう思いながら今日も「妖奇士」や「小田島さま」で検索をかける私がいる(笑)。

TVアニメ「天保異聞妖奇士」公式コンプリートガイド蛮社改所入
TVアニメ「天保異聞妖奇士」公式コンプリートガイド蛮社改所入
おすすめ平均
stars市や学校の図書館にでも置いておこう。
starsTVシリーズに惚れ直させる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON