HOME   »  昭和のアニメを語る  »  昭和のアニメを語ろう───UFOロボグレンダイザー

昭和のアニメを語ろう───UFOロボグレンダイザー

ロボットの魅力としてはマジンガーZに比べようもないが、グレンダイザーはキャラクターの魅力で勝っていました。
以前、オトメ仕様のクロガネノツバサで書きましたが、大介さんと甲児くんです。

UFOロボ グレンダイザー BOX 1 [DVD]
東映ビデオ (2004-02-21)
売り上げランキング: 157,890


もちろん私はまだご幼少のみぎりでございますから、不埒なことはいっさい考えておりませんでした。
でも、お話に甲児くんが関わってないとつまらなかったのです

またこのアニメは私が美形キャラクターに目覚めた作品でもありました。
毎回大介さんがデユークフリードに変身するときにダスタシュートみたいなところに飛び込むんですが、その時の定番の横顔がきれいできれいで。
こんなきれいな男の人の横顔はみたことがなかったんです。

だいたい男性キャラってだんごっぱなだったじゃないですが。団子じゃなくても角張っているというか、細くてつんとした鼻ってのは女性キャラだけだったんですよ。
なのに大介さんは男なのに鼻が細くて高くてきれいだったんですよ。甲児くんも以前のマジンガーに乗って頃とはうってかわって細くてきゃしゃなかわいこちゃんになってましたしね。

このグレンダイザーのキャラの絵が荒木伸吾さんというのはあとで知ったことなんですが、グレンダイザーの絵は今までのロボットアニメとは違うなーと思っていました。
(キャラクターデザインは小松原一男さん。999なんかの作画監督とか。荒木伸吾さんは後半)
ちなみにロボットに関しては、いくら当時UFOがはやっていたからとはいえ、円盤型で飛んでくるのはかっこわるくて嫌いでした。

でも敵キャラで男性の顔が割れて中から小さな女性キャラがでてくるやつ、あれは好きでした。

歌詞が「大きな古時計」の保富康午さんで、エンディングの「地球の緑の若葉のために、ただ一輪の花のために」ってところが好きでした。前期EDではその歌詞のときにデユークフリードに百合の花が重なるんですが、子供心にそこはなにか気恥ずかしかったですね。花と男性キャラというのはたぶんこのアニメが初めてなのでは??

1/6 UFOロボ グレンダイザー マリアフリード
1/6 UFOロボ グレンダイザー マリアフリード
おすすめ平均
stars宇宙少女
stars最高です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON