HOME   »  自作小説とその周辺  »  BL作家は同人イケスで

BL作家は同人イケスで

こないだペンネームの話を書いたら「いろんなところで書いているんですね」と言われ、「マンガは他誌ではかけないけどBLはいろいろな場所でかけるのか、どうやって書くのか」と質問されました。
確かに少年マンガや少女マンガはあまり他の雑誌では描かないですね。

「バクマン」なんかで説明されているように、一部マンガ雑誌には専属料というものがあります。これは描いてなくてもお金払うから他で描かないでねというオヤクソクです。でもその契約期間が切れたら他で描いていいわけですし、いつまでも描かせてもらえない出版社よりは他社に移ったりしたほうが芽がでる場合があります。
ジャンプでだめだったけどチャンピオンで売れた「八神 健」、別マでデビューしたけど花ゆめで再デビューした「魔夜峰夫」なかよしでデビューしたけど少女コミックに移った「萩尾望都」、Lalaからダビンチに移った「山岸涼子」…。私は他には知らないけど、若手なんかはもっと移動が激しいんじゃないでしょうか。

そんな中、BLというのはわりと最初から束縛はなかったと思います。大体BL出す編集部なんて小さくてマイナーなところばっかか、今までマンガ雑誌出してなかったところが売れてるから出してみようって出したところが多いし。
なんで原稿料もさほど高くない、専属料なんか払えない、賞をもうけて募集しようにも賞金が高くない、マンガもよくしらないし、BLマンガなんか気持ち悪くて読んでない。
でも大丈夫、コミケにいけば売れっ子作家がざくざくいるわけです。その場でスカウトできるわけです。
大体同人誌なんかやってる人は、目の前の自分の好きな原稿描くのに一生懸命で、投稿用のオリジナルマンガを描いてる暇ないわけですよ。なんで大手出版社にはかすりもしてない。

大出版社が撒き餌して大物を一本釣りするなら、BL編集部は同人イケスの中からまるまる太った魚を手づかみするわけです。

また、同人作家は今まで好きなようにやってきましたから、編集の言うとおりの売れ筋のマンガ描いたり、直したりしたくないわけですよ。だから「いつものとおりで」「好きなように」「そのまんまで」描いてくださいと言う、マンガをよく知らないBL編集部の言うまま好きなように描きちらしていったのが、BL創世記なわけです。

現在その時代から残っているBL作家っていうのは、そんな中でプロ意識を養っていった人たちです。
いくら同人誌で売れてても、商業誌になって読者を無視してたらそりゃあ生き残れないわけです。

そんなわけで同人出身の作家さんはあちこちの出版社でかくわけです。今はみんなサイトもってるからもっと連絡とりやすいでしょうね。
また、同人世界って広いようで狭いから、紹介しあったりするんですね。
たとえば小説家だったらこの人に絵をつけてほしい、と好きな絵描きさんを紹介するし、漫画家さんでもこの小説書きさんが好きとかあるわけです。
わりと好き嫌いで決まったりします(笑)。

わたしがあちこちで書いているのは大体紹介と営業。
前述しましたがBL雑誌ってのはわりと簡単に作れるわけです。で、新規に編集部ができて、でも手持ちの作家が少ない、それで誰かいい人いない? といろいろ尋ねて紹介されたりします。
あと営業は出版された本を送って「こういうのを書いてましたけど貴社でも書かせてください」と売り込みを。
携帯小説も同じですね。

ネットワーク出版の場合は同人で知り合った人がネットワークの仕事してたんで紹介されたし、乙女の箱庭は別の会社に営業したらそこを紹介さました。
他に二社、お世話になるかもしれないところは営業です。サンプルファイルをつけてこんなの書いてます、いかがでしょうかと売り込んでみました。
もちろんもっとたくさんの会社に営業かけてます。
そのうち1社は「うちの賞にはいってからこい」と門前払いで、あとの会社は連絡をもらえませんでした。もっとも、メールフォームから出したので届いてない可能性もあります。営業はこれからも続けるし、賞関係も狙ってます。

あいかたちゃんにも言われたんですが、私は食うためにいろんな仕事をしててもそれはみんなバイト感覚である、と。本業は文筆業だと思っているんだと。
そんなふうに作家にしがみついているのはいいことなんじゃないか、と。
好きなことしかできない、というのは人としてどうなのかとも思うのですが、きっとこのままピーピー言いながらも、さまざまな媒体に姿を変えながらも、文筆関係の仕事に関わっていくんだと思います。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)小畑 健

おすすめ平均
stars大人の世界
stars20年ぶりに「面白かった!!」
starsこれだけ熱中した漫画は久しぶり
stars作者の持論もまた「らしさ」??

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


拍手コメントありがとうございました。

衣里さん>12000字ってのは短いと思うんですが、書き始めるとけっこう長いですよね。ところが書いていると逆に足りなくなってくることも。TLはこの字数が私は基本なんですけど、自分ではけっこうちょうどいい配分です。根が短編向きなんでしょうね。初っぱなから死体がころがっているというのもTVドラマ風でかっこいいですね。

りょうさん>PNはもうつけたもんがちって感じで!

KJさん>すいません、わたしのまちがいでした。「金曜日は濡れていい」に直しました!
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON