HOME   »  マンガ  »  うつうつ日記

うつうつ日記

「うつうつ日記」は最初の数ページの描き方がよみにくい。たんたんとしたメモのような日記だが、最後に著者が持ち込んでいた「夜を歩く」という原稿が「失踪日記」となったことがわかると、その出版の過程を知りたくなってもう一度読み直してしまった。
白夜書房から他社の出版物の売れ行きが悪くて本にならなかったこと、イーストプレスから連絡がきてたけど気づくのが遅れたことなど日常の隙間にぽんぽんと描いてある。

白夜は営業の力が強いから他社で成績が悪かったらまず出してくれないだろうけど、出していればいまごろ……と歯がみしたことだろう。このうつうつ日記を読んで白夜の上層部が悔しがるかもしれない。いいかげん、ニッパントーハンという大手流通会社も、数字だけでなく、中身を見るようになればいいのに。

そういえば読売新聞に「賞に入賞したはいいが本が売れなくて結局また別な賞をとる」という漂流作家が増えていると書いてあった。
賞をとる力はあるのに出版した本が売れない。でも賞を取る、ということは読む力のある人や編集が面白い、と思ったはずだ。だから2冊や3冊の売れ行き不振に耐えて作家を育てるべきなんじゃないかと思うが、最近の出版社はいますぐ売れる人が欲しいのだ。

賞を取る、本が売れる、シリーズ化する、アニメやドラマや映画やグッズになる、こういう一連の流れを編集も出版社も、たぶん作家も願っているのだ。で、売れてどんどんシリーズをかかせてつまんなくなっていて、作家も別なもの書きたくても書かせてもらえなくてつまんなくなって、で、かげりが見えてくるとようやく新作が出て、それが売れなかったらあっという間に忘れ去られていく。
この方式は角川春樹が元気だったころの角川書店のやり方で、大騒ぎしてフェアをやったあと、まるでその作家はいなくなったかのように思えてしまう手法だった。

うつうつひでお日記 (単行本コミックス)
うつうつひでお日記 (単行本コミックス)
おすすめ平均
stars逃がした魚は大きい
starsのんべんだらり
starsえんえんと続く毎日の何気ない描写に凄く癒される
stars■うつと供に生きる
starsひでお先生! 原画描いてください。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


006年07月22日サルベージ

高塔さん>風邪の具合はいかがですか? 寒くなりましたねー! 足は歩く分には普通ですがかなり遅くなりました。階段の昇り降りがまだ厳しいです。体重減らせよという話ですが。
これからはコミケの原稿にとりかかります(笑)。

ryoさん>しつこくしつこく言うと、そう3回くらい言えばようやく1回くらい返事帰って来ます。
こないだ別の携帯会社さんからメールをいただいたのですが、とても丁寧なメールだったので感激したら、相方ちゃんが「そんなの普通だよ」。
日頃とんでもねーメールばっかり見てるから、ふつうのメールがすばらしいメールに見えてしまいます。
あ、ところで私の携帯はネットできませんのでメールとか受け取れません。メールアドレスはPCのアドレスなので、お手数ですが件名を書いてくださいませ。書いてないと削除されてしまいます~。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON