HOME   »  読んだ小説  »  仰天 土佐日記

仰天 土佐日記

おとこもすなるにっきといふものをおんなもしてみむとてするなり。

古典や日本史の授業で「土佐日記」という言葉に触れたことがある人もいるだろう。内容は知らなくてもこの冒頭の一文で、「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」という解釈から紀貫之が女性の立場に立って書いた、という今で言えばネカマブログみたいなもので記憶に残っているに違いない。
ところがこれに新解釈が最近くわえられた。
この時代、文字には濁音をつけなかったということ、「してみむ(してみる)」という言葉の使い方はしてなかったということ、このふたつからもう一度、冒頭の文を読むと、

おとこもすなるにっきといふものを おんなもしてみむ とて するなり。

ではなくて

おとこもすなるにっきといふものを おんなもし て みむとて するなり。

と読める。

つまり「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」ではなく「男もすなる日記といふものを、女文字で見むとて、するなり」

ネカマ疑惑晴れたー!?

もともとなぜ紀貫之が女性の振りをして書いたのか謎だったらしい。

1000年ぶりに新しい解釈をされた土佐日記。
「男が女性のつもりで書いた」という事実が「男が女文字(ひらがな)を使って書いた」という事実になって一体なにがどう変わるの? と思われる方もいらっしゃるでしょうが、書き手としてはぜんぜん変わるんですよ。
いや、1000年も前に男性が女性視点で書いたっていうアバンギャルドな事実がなくなってしまったって、これは日本文芸界にとってかなりの重大事件だと思いますよ?

土佐日記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
土佐日記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)西山 秀人

おすすめ平均
stars古典で旅気分が味わえました♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2007年03月03日サルベージ
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON