FC2ブログ
HOME   »  邦画  »  FUKUSHIMA50 観た。今見るべき。

FUKUSHIMA50 観た。今見るべき。

初日に観に行った。
富山はいつも映画館ガラガラで、これも客がはいらなければすぐに上映中止になるんじゃないかと思って。
麻の早い時間だったが20人くらいは入っていた。



あのとき、原発でなにが起きていたか。

はずかしながらこの映画を観るまで、原発の中にまだ人がいたなんて思ってもいなかった。
あの爆発や放射能漏れのさいには作業の人はいないものだと。

でもいた。

電気も落ちて真っ暗中で、必死にメルトダウンを防ぐために作業していた。
閉じ込められたわけでもないのに、そこに残って守ってくれていた。

f3.jpg

f1.jpg
(壁にかけたる標語には「止める」「冷やす」「閉じ込める」と書いてある)


映画は現場と本社、政府のかみあわなさを描いている。
そりゃあ首相は驚いて大変なことだと思って最善を尽くしたつもりなのだろう。
だが自分の行動が現場の障害になっていることになぜ気づかない。というか、なぜ誰も総理にそれを提言しない。
首相の機嫌が悪くなるのを恐れたのか? それほど総理という人物は人の話を聞かない人だったのか?
そしてなぜそんな人が首相をやってて、東電の人も誰も説明しなかったのか、と、フィクションだとしても観ていてはがゆくなる。

(官元首相のインタビューでは少し違うみたいだが、しかし一国の総理に説明が出来る人がそばにいなかったのは痛い)

もちろん映画だから作っているもあるし、政府と本社を悪人にすると言うわかりやすさを選んだのかもしれない。
私も一方の言うことだけを信じるつもりはないけれど。

だからこそ、政府関係閣僚はこの映画を観て、自分たちが現場の邪魔をしちゃいけないってことを学んでほしい。


映画は避難所のことも描いていたが、あえてそこはカットして原発と政府、東電のところだけに煮詰めてもよかったんじゃないかな。東電だってやっていたことはあるし、政府もまったく無能だったわけではないだろう、きっとたぶんもしかしたら。

あとエンターティメント的には原発内部や地震や津波、爆発などがとてもリアルで、特撮好きな私は興奮した。
原発内部のコントロールセンターのコンソールが絵に描いたようなコンソールだったのもちょっと笑えたが、ほんものなんだよねきっとあれ。
   これ ↓
f2.jpg

そんで佐藤浩市がかっこいい。

f4.jpg
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON