FC2ブログ
HOME   »  邦画  »  おかえり寅さん 観に行った。簡単な感想

おかえり寅さん 観に行った。簡単な感想

実は寅さんのシリーズはまともに観たことがない。
このシリーズをやっているときはたぶんあまり邦画に興味がなかったのだ。
映画はたくさん見ていたけどほとんどはハリウッドを中心とした洋画だった。
で、なんでこれを観に行ったかというと、何かの映画を観たときに予告編をやっていて、まったく寅さんを知らないのに泣けてしまったからだ。
それで今日観に行った。

寅さんの甥のミツオの話で、シングルファザーのミツオが初恋の彼女と再会して別れると言うのが中心のストーリーで、そのあちこちに寅さんの思い出が出てくる。
思いでの入れ方はごく自然で、むしろ思い出を観たくなる。

私は寅さんを知らないので、傍若無人な寅さんと、人を思いやれる寅さんが同一人物で描かれているのがこの人の二面性なのか、それとも年を経たせいなのかはわからない。
メロンの切り分けで怒る寅さん、恋人を追いかけてバイクで東京から九州に行った甥を擁護する寅さん、惚れっぽい寅さん、迫られると逃げる寅さん。
考えてみれば人間はみんな多面性があるので、寅さんの空気が読めない部分も、人の気持ちに敏感な寅さんも同じ人なのかもしれない。

映画を観に来ている人は年配の人が多く、あまり笑えないギャグでも声をあげて笑っていた。
これは笑える映画を観に来ているのではなく、懐かしい人やその人たちをとりまく懐かしい雰囲気に浸りにきているのだ。
ラストでいろんなマドンナたちが登場するが、観客にとっては懐かしい顔ぶれなのだろう。
当時の美人女優たちが次々と出てくる。
(都はるみが出たときはよりざわついた)

そのエンディングを見ていると涙が零れてきた。
映画を作った人たちが寅さんを愛している気持ちが伝わってきたからだ。
演技をしなくても脚本がなくても映像を流すだけでそれがわかるってなんだかすごい体験だった。

ゴクミは演技から離れていたせいか、演技がすごくアレだってけど、20年以上海外にいたので日本語があやしいのだと思えばそれはそれで。
あと、ミツオが小説家になっているんだけど、脱サラしてデビュー作?が売れているようなんだが、書斎がいかにも作家の書斎で、やっぱりまだ作家には夢をもたれているんだなあと思った(笑)。
1作目であんな書斎持てるか?
ハードカバー1作だけじゃまだ安心できないぞ。

男はつらいよ 50周年記念 復刻 “寅んく" 4Kデジタル修復版ブルーレイ全巻ボックス(51枚組)(完全数量限定生産)[Blu-ray]

新品価格
¥167,352から
(2020/1/8 21:33時点)



ところでパンフレットは50作全てを網羅しているので購入しておいた方がいいです。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON