FC2ブログ
HOME   »  邦画  »  長谷川博己の「獄門島」観た

長谷川博己の「獄門島」観た

NHKドラマの獄門島を、AXNミステリーでやってたのを録画してようやく見た。

獄門島 【DVD】

価格:3,198円
(2019/11/28 15:03時点)




長谷川博己は好きだし雰囲気もすごくあっててよかったし、なかなかよかったんだけど、ラストシーン、あれはいただけない。
金田一耕助が自分の無力さをふがいないと思い悲しむのはわかる。
だけど、それを八つ当たりのようにして犯人を嘲笑するのは違う。
それは金田一耕助ではない。
金田一耕助は犯人にも被害者にも、等しく優しい目を向けている探偵なのだ。

原作ではこうある。

耕助は「犯人」の顔を見るのがつらかた。この一言こそ、「犯人」がきずきあげた自慰の楼閣をむざんにつきくずすものである。

獄門島 金田一耕助ファイル 3 (角川文庫) [ 横溝 正史 ]

価格:616円
(2019/11/28 15:01時点)
感想(9件)




耕助は真実の一言が犯人に与える衝撃を知っていた。おそらくは死に至らしめるほどの。
犯人の中には後悔があり、進んで罪をつぐなうつもりもあっただろう、それを突き崩す一言だ。
それを言うのがつらい、と耕助は言っている。

ことほどさように犯人の心を慮るのが金田一耕助なのに、そこをめちゃくちゃにしやがった!

脚本家出てこい!!!


そもそも横溝シリーズの犯人は完全に狂気の人もいるけど、かなりの確率で仕方なく、とか、血に縛られて、とか、誰かのために、とかいう人もいる。金田一耕助はそういう犯人には優しい。
辛い、悲しい顔をして、目を伏せ、控えめに、事実を暴くのだ。

それがあのヒステリーはあかん。
金田一耕助はパニックになっても常にどこか冷めていて冷静なはずだ。
人間らしさを出したつもりかもしれないけれど、金田一耕助の魅力はそういうところにあるんじゃない。

長谷川博己が金田一役としていいだけ、残念な脚本だった。

次の金田一耕助は堂本光一さんのほんわかした感じがいいと思うのですが、いかがでしょうか?

やっぱ映画は市川崑のこれ。
首は豪快に飛ぶし、死体が美しい。
犯人を別に用意しているのも切なくてよかった。

獄門島 [ 石坂浩二 ]

価格:2,200円
(2019/11/28 15:02時点)
感想(2件)



関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON