FC2ブログ
HOME   »  洋画  »  トールキン 旅のはじまり 観てきた

トールキン 旅のはじまり 観てきた

「トールキン」見てきた。



悲惨で苦しい戦争のシーンと、楽しく切ない学園生活が交互に。
パブリックスクールではもちろん大学生になってもわりとやんちゃなトールキンたち四人の仲間。
互いが互いの才能を信じ、芸術の力で世界を変えるクラブを作る。
失恋したり警察に捕まったり勉強ができなくて奨学金を打ち切られそうになったり。
つらく苦しい戦場を進むシーンはまるでフロドとサムが指輪を滅ぼしに火の山へ向かう行程のよう(そばにいる下士官の名前はサム)。

torukin.jpg

 帰国したトールキンは子供たちに物語は話始める。これは仲間の物語ーー。

 トールキンのペンが最初の一文を書き出す。

”地面の下のあなぐらにすんでいる、かれらは”

「ホビット」

 世界はここから作られた。

言語を一から作るのはむずかしい。
トールキンもフィンランド語を参考にしたと言語学者の師に話している。トールキンは美しい響きの言葉にこだわっていたようだが、言葉には意味がないといけないと言われる。
日本語は音と意味が一致している珍しい言語だ。「あ」という音は「あ」を表し、それに漢字ひとつでさまざまな意味を持たせることができる。
それゆえ、五十音さえ覚えれば、誰にでも物語を作ることができる。
私たちはおそらく、世界の中で最も容易に世界を生み出すことのできる恵まれた環境にいるのだ。
だからよりたくさんの世界を物語を、わたしの前に広げてほしい。

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)
J.R.R. トールキン 瀬田 貞二 田中 明子
評論社
売り上げランキング: 20,324



関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON