FC2ブログ
HOME   »  読んだ小説  »  かこさとしさんの絵本「だむのおじさんたち」

かこさとしさんの絵本「だむのおじさんたち」

かこさとしさんが亡くなったニュースを聞き、前から読んでみたかったダムの絵本を2冊、図書館から借りてきました。

1冊は昭和42年につくられた「だむのおじさんたち」
もう1冊は「ダムを作ったおとうさんたち」

この2冊には30年の隔たりがあります。

「だむのおじさんたち」は本当に「おじさんたち」にスポットが当てられ、
働くとはこういうことであると描いてあります。

だむのおじさんたち
だむのおじさんたち
posted with amazlet at 18.05.22
かこ さとし
復刊ドットコム (2007-11-01)
売り上げランキング: 370,034


毎日毎晩、ごはんを食べて土を運んで車を動かしてご飯をたべて手紙を書いてハモニカをふいてまた働いて。


「おじさんたちはねむらない。

おきています。

うごいています。

はたらいています。」

「ゆきにも かぜにも ふびきにも あらしにも

はたらくおじさんたちは まけません。

なきべそなんか かきません」



高度成長期の日本の男たちを現す言葉でしょう。

1回目はさらっと読み終わりました。
しかし2回目3回目と読み返すと、そのおじさんたち、そして家族のことを考えて涙が出てきそうです。

物語的にもすばらしいのですが、絵的にすばらしいページもあります。

ブルドーザーやトラックがこまかく描いてある頁をめくった瞬間、

一面黄色い巨大な穴の絵がでてきます。

ここで「はっ」とします。

その黄色い穴の中に小さな人間たちと機械が描いてあって巨大さがよくわかります。
図鑑的な前の頁から、一転、ここでダムの山の上からの目線になるのです。ダムの現場に放り込まれるのです。

そしてその次の頁には一休みしているおじさんたちがさまざまな姿で描かれていて、ここに人間がいることを教えます。

働く機械、巨大な現場、そして生きている人たち。

全部を見せてくれるわけです。

しかし福音館書店は再販すべきだと思うけどな。
復刊ドットコムだと1万円以上するぞ。


さて、30年後の「ダムをつくったお父さんたち」
ではインドネシアに各国の技術者たちが巨大なダムをつくる話が描かれています。




あとがきに、30年前ダムの本を描いたけど絶版になり、もう一度書きたかったというような思いがつづられています。
もしかしたらこちらのダムをつくる詳しい過程が、かこさとしさんの描きたかったことかもしれません。

こちらはまさしくダム建設の教科書のように、こまかくこまかくダムがつくられていく様子を描いています。

働く車とか、車や列車の名前を覚えるのが好きな子にはたまらないくらい、いろんなものが細かく描かれ名前がつけられています。

そう、名前。

絵と名前を知ることは、子供の知的好奇心を満たします。

私も子供の頃、雑誌のおまけについてくる植物や魚の図鑑が大好きでした。
姿を見て名前を知る、というのが楽しかったんです。

子供は知識を貯め込み、誰かに聞かせるのが大好きなのです。

だからこの絵本でこどもがダムのあれこれ、つまり、「(今現在)必要のない無駄な知識」を覚えて、おかあさんに自信満々で教えてきたとしても、決して邪険にしないで聞いてあげてほしいです。

知識を共有するというのは人だけの快感です。

この絵本を読み、細かいところまですべて読み終わったら、きっと子供たちは仕事をやり終えた気分になるでしょう。
何度も何度もよむ本になるかもしれません。

―――もちろん、興味のない子もいると思いますので、そういう子には押し付けないでください。
興味の方向が違うだけなので。

おっと、話がずれました。

2冊のダムの絵本は出だしこそ同じですが、まるきり違うものになっています。

「おじさんたち」を描いた絵本、「ダム」を描いた絵本。

できれば2冊とも見てほしいなと思います。

まとまりなくてすみません、なんか読んだ後、うずうずしちゃったので。


ちなみにわたしがダムに興味を持ったのは映画「黒部の太陽」を見たから(笑)。
(AMAZONビデオで見た)

黒部の太陽
黒部の太陽
posted with amazlet at 18.05.22
(2017-12-28)
売り上げランキング: 1,838




関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON