FC2ブログ
HOME   »  特撮  »  『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を見た。簡単な感想

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を見た。簡単な感想

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を見ました。

1作目で希望のあとのすさまじい絶望を見せつけてくれた「GODZILLA」。
今作では2万年のちに生き残っていた人類の存在を描いてわずかな希望が。
そしてさらに期待ができる「メカゴジラ」の存在!



(ネタバレになりそうなところは反転してみてください)

GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray スタンダード・エディション

新品価格
¥5,458から
(2018/5/21 20:34時点)




しかしメカゴジラは二本足で立ち上がってゴジラととっくみあいをするようなものではなかった。

メカゴジラを形成しているナノメタルが自己増殖してできあがった都市形態である。

主人公たちはこの都市を要塞化してゴジラをおびき出し、倒そうとするが、そこで人類と異星人ビルサルドが対立したりする。
今回は、ちきゅうじん、ビルサルド、エクシフ、地球人の子孫?の4つの種族の対立もある。

地球人の子孫は二足歩行生物だが、体内に昆虫の遺伝子を持っているらしい。
最初に出てきた鱗粉やたまごという言い方、触角のような髪型、そして双子などからモスラかな? とも思うけど、正式にはなにもわかってない。

それにしてもアニメならではのやりたい放題。
地中の巨大な都市やメカゴジラやロボット型戦闘機の空中戦など、迫力のある画面で楽しかった。

そして最後の最後にあの「名前」が出てくるとは!

ギドラ

映画が終わった後、思わずつぶやいていたら、後ろで同じようにため息とともに呟く声が聞こえてきたよ!

どうすんのかな、最終回。
今から楽しみだ!

それにしてもウイキは完全ネタバレしているのでこれから見る人はみないでください。

GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ (角川文庫)

新品価格
¥561から
(2018/5/21 20:33時点)





1作目「怪獣惑星」の感想はこちら

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON