HOME   »  自作小説とその周辺  »  携帯小説の字数

携帯小説の字数

携帯小説は紙の小説なら原稿用紙何枚とくるところを字数で現している。
英語なら単語数になるのかもしれない。
しかし、ちょっと待ってほしい。
繊細な日本語では空間やスペースも文字として捕らえられないだろうか?
ここは主人公の決意として読ませたい。
その場合「!」を使って決意をあらわすより、前後一行開けた方がいい場合がある。
たとえば

+++++++++++++++++++++++++++++++++

そして彼は思った。
(必ずあいつを殺してやる!)
彼の前にはただ暗い道が横たわっている。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

と書くのと

+++++++++++++++++++++++++++++++++

そして彼は思った。

必ずあいつを殺してやる───

彼の前にはただ暗い道が横たわっている。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

と書くのでは雰囲気が違ってくる感じがするんだ。
これは日本人が空間を捕らえる能力に長けているせいだと思う。
書道にだって余白を活かして文字を書くように、
日本人は昔から余白・空間をものの一部としてとらえてきた。
だから単純に字数だけで小説の長さを決めてもらいたくない。

大体、字数を稼ぐには漢字をひらがなにしたり、…の数を増やしたり、長い名前をつけたりすることだってできるんだから。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON