HOME   »  マンガ  »  百鬼夜行抄18

百鬼夜行抄18

2回読むとやっと話の筋がわかるというのは毎回。
漫画にしては時間をかけられる話なので読後感満足。
値段分は読んだという気持ちになるのでコストパフォーマンスがいいww。

構成が複雑なわけではなく、わざとバレないように、わかりにくく作っているせいだ。半分ミステリーなところがこの作品の持ち味。

特に「見知らぬ妹」は主人公の少女だけがなんの訳もわからずふりまわされて、読者も一緒にふりまわされ、それが二重三重のしかけになっているのが上質のホラーミステリー。
映画にしてもいいくらいのうまい構成になっている。

ただし今回の話は体にすくっている妖魔ネタが2本かぶさっている。
占い師・八代がいる分、開の存在が薄くなっている。

百鬼夜行抄 18 (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
百鬼夜行抄 18 (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)今 市子

おすすめ平均
stars妖怪・心霊モノとしては不気味さが漂っている処が面白いです
starsちょっと変化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON