HOME   »  マンガ  »  僕だけがいない街9 辺獄のシュベスタ5 書店員波山個間子 傘寿まり子2

僕だけがいない街9 辺獄のシュベスタ5 書店員波山個間子 傘寿まり子2

原稿を書いていたせいでこの記事がUPできなかった。
最近と書いてますが、だいぶ前です。

僕だけがいない街9

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース) [ 三部 けい ]

価格:626円
(2017/5/11 01:01時点)
感想(9件)



番外編。さとるの周りのいろいろな人たちの視点から。
さすがに物足りなさは感じるけれど、それでも8巻分ハラハラドキドキした世界やキャラクターに会えたのは嬉しかった。

辺獄のシュベスタ5

辺獄のシュヴェスタ 5/竹良実【2500円以上送料無料】

価格:596円
(2017/5/11 01:02時点)




毎回毎回よくピンチと解決策を思いつくものだと感心。続巻が気になる。

書店員波山個間子

書店員 波山個間子 (1) [ 黒谷 知也 ]

価格:702円
(2017/5/11 01:02時点)




よくある書店員話かと思ったが、作品や書店のことを独特に切り抜く。
「車輪の下」というたぶん、「トーマの心臓」が好きな人はみんな読んだと思う小説へのかかわり方が面白い。
読む前にねたばれはないよね。
問題は、作品を漫画で描いてあるんだけど、その表し方がちょっとまずい。
ヘッセの小説が漫画で描かれているんだけど、コマに描かれた「家」や「部屋」は、どうみても今風で、まったくその世界を現せていない。これは困る。イメージが違いすぎて。

傘寿まり子2

【5月中旬入荷分】 傘寿まり子 2 (KCDX)[本/雑誌] (コミックス) / おざわゆき/著

価格:626円
(2017/5/11 01:03時点)



80歳の女流小説家が家を飛び出してネカフェ暮らし。昔恋してた男と暮らすことになるけれど、老人同士の生活は引き算ばかり。財産も子供も増えることがないと言われ反発するけれど。
かわいらしい絵柄でシリアス。
老人は元気良く生きていけるのか?
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON