HOME   »  アニメ  »  この世界の片隅に を観に行った

この世界の片隅に を観に行った

この世界の片隅に」を観に行った。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
こうの 史代
双葉社
売り上げランキング: 61


結論から言うと、今まで観に行かなかった私に平手打ち!

そのくらいいい映画だった。
アニメで戦争映画というと「蛍の墓」を彷彿しちゃって、あまり見たくなかったし、
原作も読んだけど上巻読んだら下巻はいいかなって思っちゃって読まなかったの。

でもアニメは淡々と事件らしい事件も起こらないのにおもしろくて、
あちこちで笑えて、
たぶん母親と同世代だと思ったら
(母親は空襲のとき、看護婦見習いで、田んぼを走ったらしい)
母親の若い頃ってつい60年前だろうに、こんなにも世界が、生活が、家事とか違うのかと驚いた。

リアルリアルと言われるが、漫画漫画した絵だけど、その中に生きている人たちは、確実に私たちの世界に、時代につながっているということがひしひしと感じられる。

アニメとしての表現、カメラの視点も見事で
世界を包み込むような表現はすばらしい。

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)
こうの 史代
双葉社
売り上げランキング: 74


ただラストの幼い子供がヒロインたちと出会うシーンは少しわかりにくかった。
キャラクターが似ているので主人公かと思ってしまったし、
あそこでああいう順番でいれるのは、もしかして原作通りなのかもしれないけど
(作者はときどきああいう説明なしで他のシーンいれたりするからな)
見ている間頭をひねってしまってすんなり画面にはいれなかった。

そこだけ。

でもとてもいい映画で、この映画を大画面で見られる時代に生きていられて嬉しい。

DVDが出たら購入して母親にみせたいと思う。

映画館でエンディングの途中で帰ってしまう人がいたけど、もったいない。
エンディングが終わったあと、クラウドで資金を出した人へのお礼画面があって、そこでリンさんについて描かれているので、そこまぜぜひ見てほしい。

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
こうの 史代
双葉社
売り上げランキング: 66





関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON