HOME   »  読んだ小説  »  読んだ小説 行きどまり 優しい死神の飼い方 石の記憶

読んだ小説 行きどまり 優しい死神の飼い方 石の記憶

行きどまり パトリシア・カーロン……△
前作の「ささやく壁」がおもしろかったのでこちらも購入したんですが、「うーん……」
視点の変わり方が不自然で、わかりづらい。
殺人現場を目撃した嘘つきの少年が里親に真実を訴えるも、里親も犯人かもしれないと思ったり、実際の犯人が少年を狙ったり、設定はおもしろそうなんだけど、「ささやく壁」で見たようなユーモアがあまりなく、結末も結局、運任せ的な部分があって、サスペンスとしては弱い。

行きどまり (扶桑社ミステリー)
パトリシア カーロン
扶桑社
売り上げランキング: 831,210


優しい死神の飼い方 知念実希人……○
すごい売れているらしい。
ゴールデンレトリーバーに変身した死神が、ホスピスに入院している患者たちの未練をときほぐす話し。
ホスピスなんでみんな死んじゃうのは最初からわかっているのである意味安心。
みんなの未練が結局同じ場所で起こった事件につながっていくのはおもしろいけどできすぎな気も。
主人公もそう思ったらしいが、それは「超越的存在のみわざ」で済まされている。
しかしゴールデンレトリーバーはずるい。そりゃあかわいいよ!

優しい死神の飼い方 (光文社文庫)
知念 実希人
光文社 (2016-05-12)
売り上げランキング: 11,376


石の記憶 高橋克彦……△
久々の高橋克彦の短編集。
1本、表題作の「石の記憶」が中編。
掲載雑誌が廃刊になったそうだが、どうして他の雑誌で書けなかったのかな。
担当編集者は他部署への働きかけや、他誌への紹介をしなかったのか。
作者自身ももっと働きかければよかったのに……ともどかしい。
ライフワークみたいにしたかったらしいんだけど。
高橋克彦の短編集では「緋い記憶」が好きだったんだけど、あれのようなパワーがない……

石の記憶 (文春文庫)
石の記憶 (文春文庫)
posted with amazlet at 17.02.04
高橋 克彦
文藝春秋 (2015-12-04)
売り上げランキング: 141,343

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON