HOME   »  自作小説とその周辺  »  携帯小説の限界

携帯小説の限界

携帯小説の限界は編集の不在による。

私は今2社から携帯小説を出させてもらっていて、既存の小説と書き下ろし、同人誌の焼き直しなどを配信している。

その小説に関して私は不安を山ほど持っている。

既存の小説はさほど売れたものではない。
何冊かは出てすぐだと書店のベストテン入りしたものもあるが、売れっ子作家だったわけではない。
どの作品も10年以上たっている。

それを今そのまま出して果たして売れるのか?
また書き下ろし、焼き直しにしてもそれが売れるのか?

書籍の場合、編集と打ち合わせをし、売れる方向、流行の方向というのをさぐっていった。
たしかにBLの場合は割りと好き勝手やらせてもらえるし、編集の指導のない本がほとんどだった。
裸のきれいな表紙がつけば売れるとも言われた。
だがその中でも適切な意見をくれる編集さんはいたし、編集が第一の読者であるから感想ももらえた。
なにより重要だったのは自分よがりのプロットに対して第三者の目がはいったことだ。

しかし携帯小説にはそれがない ( いや、1社はまだましだ、メールすれば返事くれるから )。

打ち合わせをしたい、方向性を得たい、これが売れているのか? どうすれば売れるのか?
売れる要素があるならそれを取り入れたいから言ってほしい………

しかし、今お世話になっている某携帯小説会社の編集さんはそういう問いに答えてくれない。
誤字脱字ですら自分で見なければならない。

携帯小説はなによりお手軽なのが一番だ。
その「お手軽さ」は編集部分にもかかっている。
携帯小説の編集は厳密に言えば編集ではない。ただの配信者だ。

つまり携帯小説の会社や編集さんは、たまたま小説がヒットするのを待つだけなのだ。

作家が書いた小説を右から左に流し、ドコモに、ソフトバンクに、AUに流して、その中から偶然ヒットすれば大もうけなのだ。
たまたま抱え込んだ作家のセンスがいい、おもしろかった、というきわめて奇跡的なことを期待しているのだ。

そこには編集の努力はない。

彼らは何もしたくない。
面倒なことはしたくない。
何百、何千と言う携帯小説を垂れ流しているのだからとてもそんなヒマはないのだ。
彼らのやるべきことは小説を読むことではなく、いかに広告バナーを張り、リンクを張り、画面のTOPに自社の作品を持ってくるか…
それも多くの会社の配信の中でしのぎを削ってたいへんだとは思うのだが。

だから携帯小説には限界がある。

携帯小説の売れ行きというのは小説サイトで特集が組まれ、タイトルが最初にあれば売れるのだ。
きれいな絵が、裸の絵がついていれば売れるのだ。
そうやって才能のある人が育てられる環境もなく大容量の情報の中に埋もれていく。
読者は機械的に画面のTOPにある名前を、肌色の多い絵をクリックするだけ。
いったん流れた名前をさかのぼってまでみようとはしない。

この情報の海の中をどうやって泳ぎ、どうやって生き残ればいいのか。
一応編集さんの努力でわたしの作品は上の方にあるらしい。
しかしこれが流れるのもすぐだろう。

激流の中で浮かび上がる術を教えてもらいたい。

夜ごと獣はささやいて (セシル文庫 し 1-4)
白城るた(小説)・あしか望(挿絵)
4774721735


高塔さん>ゴジラに反応ありがとうございます。
高塔さんもゴジラお好きなんですね。ほとんど観てるなんて私よりスゴイ。ちょっと高塔さんがわからなくなってきました…(笑)。ハリウッドのはイグアナですから。あれは怪獣映画というよりパニック映画でしたね。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON