HOME   »  特撮  »  怪獣映画だった! シン・ゴジラ! 感想&ネタバレ! 観に行く人は読まないで!

怪獣映画だった! シン・ゴジラ! 感想&ネタバレ! 観に行く人は読まないで!

ようやくシン・ゴジラを観てきました。

レディースデーなのに男子多い。
しかも日本橋TOHOの一番大きなスクリーンなのに満員!
今日は平日ですよ。

それにしてもハンカチは必須。
だって前後左右男子だから……く、臭……っ。

みんなアドレナリンたぎってるなあ。

そんなわけで見てきてすぐの感想です。
とりあえず好きなシーンだけ、忘れないうちにメモメモ。

あとでゆっくりちゃんとした感想書くので、ここでは見た人が「ああそうそう」って思ってくれればよし。

だからここから先は観た人だけ読んでね。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

グラウンドワークス
売り上げランキング: 3





確かに怪獣映画だった!

ひいき目抜きでハリウッド版より面白かった。


船から始まるのはお約束。

しっぽ長い。

あれ? ゴジラじゃない。

会議が長すぎて「中略」。

集まったのは各部門からの「変人、異端児、やっかいもの、はみだしもの、オタク

余貴美子は戦いたがっている。

前半会議のシーンが長すぎるので子供がたいくつしないか心配だ。

現場から攻撃許可をもとめる伝言ゲームがどこまで続くのかと思った。
決断まで長すぎる。ギャオスなら逃げてる。

戦車の動きがかっこいい。もう一回見て確かめたいけど、すごく動き方というかカット? フレーム? がアニメっぽい。
アニメ演出で戦車動かしてるのか。

戦車の弾ってあんなに遠くまで届くんだ……

1回目の攻撃が失敗に終わるのもお約束。

「なぜまたこっちに戻ってくるんだ」(マジソレ)

米国の武器すげえ(ゴジラを怒らせた)。

データを折って何がわかったのか不明。


ヤシオリ作戦のヤシオリってなに?

スサノオノミコトがヤマタノオロチという大蛇を倒すときに用いた「八塩折之酒」のことだったらしい。
確かに飲ませて倒すんだもんな。

アメリカさんが親切すぎて不穏。

パナソニックのレッツノート。
キングジムのファイル。
タイベックの簡易な防護服。

エヴァ音楽!

伊福部音楽!

今回初めてゴジラを見た子供たちにも伊福部遺伝子は伝わっていくんだなあ……。


シン・ゴジラ音楽集
シン・ゴジラ音楽集
posted with amazlet at 16.08.03
鷺巣詩郎
キングレコード (2016-07-30)
売り上げランキング: 2


さあ、こっから逆襲だ! 行け行け自衛隊!

新幹線が武器になるとは驚きだ!

山手線も兵器だぜ!


あのゴジラの物理的な「倒し方」はすばらしい。この手があったか。
(ヨシモトヨシトモのタテノリを思い出した)

土木機械のすばらしさよ。

アメノハバキリって命名された重機がかっこいい。

機能は美につながる。折りたたまれたアームが伸びてゆくところはハヤブサのパドル展開を思い出した。

チューチュー作戦。できればゴジラの口の中に液体が入っていくところが見たかった!

決戦の演説はインデペンデンスディの方が燃える……かな。

戦いが終了してもアメリカ映画みたいに歓声があがらないところが日本人。
「ふーやれやれ」という感じ。

アイドル出なくてよかった、ほんとによかった。
出てたらそこで気持ちが一度止まってしまうもんな。
石原さとみでも止まりそうだったもん。
片桐はいりでも実は止まった。
長谷川さんの地味な顔がとてもよかった。この人の顔、左右不対称だよね。

ゴジラには感情がなかった。 これすごく感じた。

読みごたえのあったパンフレット!






関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON