HOME   »  旅・酒・美味いもの  »  福井あわら温泉に行ってきました!

福井あわら温泉に行ってきました!

マツモトキヨシの抽選で温泉ホテルが当たりました!
全国どこのホテルにも1泊2食つき、ペアで泊まれます。
旅行代は出すのですが、宿泊費がただ!

ということで、越前おろしそばを食べにあわら温泉へ。

以前物産展で食べたおろしそばが忘れられず、
また、「神様の子守はじめました」の主人公の故郷が福井、という設定なので、取材をしにいこうということになりました。

ただ、申し込んでから気づいたんですが、芦原温泉と福井市ってすごく離れてるんのな!

とても両方いけないということで、今回は芦原温泉だけです。

わたしの行きたかった「恐竜博物館」は今度、富山に帰ったときにいきます。

さて、北陸新幹線で金沢まで行ったらサンダーバードに乗り換えます。

RIMG0242_R_R.jpg

途中、加賀温泉あたりで観音温泉ホテルの巨大観音。これ広告塔なのか?
RIMG0243_R_R.jpg

芦原温泉駅ホームのベンチにこんなのがいてぎょっとしました。
RIMG0245_R_R.jpg

さっそく「ちはやふる」がお出迎え。
RIMG0246_R_R.jpg

これが芦原温泉駅。
RIMG0247_R_R.jpg

駅の外にも巨大看板。
RIMG0248_R_R.jpg

芦原温泉のスター、綿谷新くん
RIMG0339_R_R.jpg

ホテルは「灰屋」さんです。すてきな旅館。
RIMG0249_R_R.jpg

あわらの市内には芸者さんがいらっしゃいますが、芸者遊びは要予約。
RIMG0255_R_R.jpg

足湯ではなく芦湯。
RIMG0256_R_R.jpg

夏でも浸かってると気持ちいい。このあと素足で下駄をはくとさらさらになります。
地元の人たちもけっこういて、勉強している学生もいました。
RIMG0257_R_R.jpg
取材なのでご近所の神様を訪ねます。
RIMG0259_R_R.jpg

RIMG0260_R_R.jpg
この着物は相方ちゃんです。ふくら雀柄の絽の着物。
RIMG0262_R_R.jpg
おまちかねの夕食。
RIMG0265_R_R.jpg
大根の薄皮をつかったラップ
RIMG0267_R_R.jpg
じゃーん!
RIMG0268_R_R.jpg
翌日は東尋坊へ。行ってみたかった「雄島」へ渡ります。
雄島は赤い橋でつながっています。
ものすごい風が吹いていて、真ん中あたりでは左右の海面の高さがちがってみえます(目の錯覚ですが)。
東尋坊で飛び込んだ人が流れ着くと言われてます。
こないだ見たミタライの映画「星の篭」でも遺体がどんどん流れつくところから事件がはじまってたな。
RIMG0278_R_R.jpg
神社の入り口。
写真やネットで知った気になりますが、実際行ってみると雄島はこんなに大きいのかと思います。
あと、なんかスゴイ感じがする。うまく言えないんだけど。
神様いそう。
RIMG0283_R_R.jpg
のぼるにはちょっと時間がないので今回はパス。
RIMG0285_R_R.jpg
次は東尋坊。
RIMG0292_R_R.jpg
ちゃんちゃんちゃーん♪ と歌える人は40代以上。
RIMG0294_R_R.jpg
崖下の遊覧船で30分の旅。
RIMG0288_R_R.jpg
遊覧船なんて……と思ってたけど、けっこう波が荒くてアドベンチャー!
RIMG0308_R_R.jpg
トビウオが飛んでるのもみました。崖がかっこいい。
RIMG0310_R_R.jpg
船の人が「日本一俳優さんが流れ着く場所」と言ってた(笑)。
RIMG0311_R_R.jpg
東尋坊はにぎやかな観光地。海の幸いっぱい。
これははまぐりではなく「巨大あさり」
RIMG0318_R_R.jpg
並木道を通って芦原温泉駅に帰ります。
RIMG0324_R_R.jpg
途中でタクシーに無理を行って「千束一里塚」へ。
巨大な榎。左下に相方ちゃんが写ってますので大きさがわかるね。
化け猫がでたという伝説があります。
RIMG0327_R_R.jpg
金津神社。
RIMG0337_R_R.jpg

さて、この旅の最大の目的はえちぜんおろしそば。
2日で3食食べました。
おろしそばと言っても大根おろしが入っているわけではなく、おろしのしぼり汁と醤油?でつくったつゆが特徴で、大根の甘さと辛さが絶妙なんです。

まずは地元で有名な風情のある福乃家。ホテルの人が辛いよ、と言ってた。
soba4.jpg
地酒・黒龍ひやおろしもいただきました。
麺はやわらかめ。つゆはそんなに辛くない。
soba5.jpg
次が「おいしいけど……ちょっと遠い」とホテルの人のおすすめ「新保屋」
soba1.jpg
うまい! おばちゃんが一人でやってる食堂みたいな残念な感じの店なんだけど、味は最高!
これぞ越前おろしそば!
麺は短めで適度なコシもあり、のどごしも最高! ほのかな甘みがつゆと絶妙のコンビネーション。
これこれ、これを食べにきたんだ!
ホテルから遠くてもここは行くべし!!
soba0_20160713125644088.jpg
翌日、タクシーの運転手さんおすすめの三国町の「盛安」
soba2.jpg
おろしそばは麺は少な目なのに、これに「ごぼ天」がはいると
soba.jpg
いきなり麺の量が増える。
細麺でおいしかったけど、「新保屋」のほうがうまい。
RIMG0322_R_R_201607131311446a1.jpg

あとで運転手さんに「新保屋にいった、あそこおいしかった」と言ったら、明らかに「あーそれ先に聞いておけばよかった」というようなニュアンスが。
たぶん盛安は観光客向けに柔らかめでわりと普通な味になってるんだろうな。
新保屋風が好きと言っておけば、それに対抗できる店に連れていってくれたかも。
つーか、あとから調べたら、三国にも新保屋の兄弟店があって、そこは芦原温泉のおかみさんのお兄さんがやってるんだって。
同じ新保屋でも少し味が違うらしいから、そっちにも行きたかったな。

とにかく越前おろしそばを食べる、という第一目的は果たしたので満足な旅でした。

今回のおみやげ。
途中乗り換えで降りた金沢で買った久谷焼きのウルトラマンと、手染めの手ぬぐい。
茶色いのは芦原温泉で買った越前焼のすっごく薄い、まるで紙みたいな盃。
Cma7EQSVIAACd6C.jpg
これも温泉ホテルで購入。サルぼぼが9体、南天の木に乗って「災難サル」のごろ合わせ。かわいい。
RIMG0344_R.jpg
東尋坊で買った日よけの笠。富山で庭仕事するとき使ったらすごく快適だった!
富山に持って帰る前にアーチーがもぐりこんだ。
CmZcJvDVMAElCim.jpg

そういえば着物で行ったのに写真がいちまいもない。
着物で行くといろいろ話しかけてもらえて楽しいですね。

着ていったのは、夏らしく鮎柄のひとえでした。
RIMG0345_R.jpg





関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON