HOME   »  特撮  »  生頼範義さんのゴジラ回顧展いってきた。

生頼範義さんのゴジラ回顧展いってきた。

RIMG0097_R_201601090551144a4.jpg

パルコのB1で案外小さい。
前に銀座に行った寺沢武一さんくらいのスペース。
ただ絵が大きいので寺沢さんほどたくさんなく、また原画は5点くらいでほかは複製原画。
まあ複製といってもかなり再現されているのだろうし、大きさもあったので迫力あった。

私の好きな真っ赤なゴジラ(写真でいえば右端3つ目)と白いゴジラ(左端4つ目)が原画だったのでうれしい。
(ほんとは赤いゴジラは1984年のが好き。写真の左2段目)

ゴジラのアップも2点あり、イケメンだった(笑)。

「ゴジラと特撮美術の世界展図録」もあってほしかったのだが、中をみたら半分はすでにもっている西川さんのマンガ「ゴジラ狂時代」で断念。
前半部分は資料としてよさそうだったんだけどなあ。

画集のゴジラゼネレーションという自費出版みたいな画集もこれまた後半関田さんの絵でがっかり。
いや、関田さんも好きなんだけど、生頼さんの絵の後に載ると、なんかきれいすぎてさっぱりしすぎて残念に見えてしまうんだよね。だれだこんな構成考えたの。
というわけでこれも断念。

上野の美術館あたりで生頼さんの原画展やってくれないかなー。
ゴジラ以外にもすばらしい絵がたくさんあるんだから。

特撮への熱い思いが描かれた傑作!
ゴジラ狂時代―日本特撮映画師列伝 1 (KCデラックス)
西川 伸司
講談社
売り上げランキング: 210,559

日本特撮映画師列伝 2 メカゴジラ狂時代 (2)
西川 伸司
講談社
売り上げランキング: 221,801



関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON