HOME   »  ちはやふる  »  ちはやふる29巻 感想

ちはやふる29巻 感想

こないだ28巻の感想を書いたのにあっというまに29巻。
今度は遅れないように書こう。

ちはやふる(29)
tihaya29.jpg


東京予選の最終戦。
残った4つのチームが戦います。
瑞沢はなんとか富原西に勝ちますが、ヒョロくんひきいる北央がその間に立ちはだかる!

今回は前回活躍した千早がほとんど描かれていない。いや、描かれているのだけれど、あくまでも縁の下の力持ち的な扱いで、ちはやの力が披露されていない。
千早はチームのために必死であり、その思いに応えるようにカナちゃん、机くん、田丸の試合が描かれる。
肉まんくんが少し少なかったかな。

そして満を持してヒョロくん編。
千早と一番長いつきあいの彼は、千早の「感じ」の才能を目の当たりにし、太一の努力の結果を目撃し、それでもカルタを捨てずにずっとチームを支えてきた。
おそらく本人は「できない子に一番優しかった」と言われてもそれをほめ言葉とはとらないだろう。
彼にとってはそれが当たり前のことだから。
北央はそんな彼に支えられて最強の地位を得てきたのだとしても。

北央に負けた瑞沢だったが、負けたのが運命なら、勝利を拾ったのもまた運命だった。
なんとかチーム瑞沢は近江神宮へと駒を進める。
そこには新も待っている。
果たして太一はくるのか?
高校最後の戦いに参加するのは誰なのか?

また自分の足で立とうとあがくしのぶちゃんでしたが、世間はそれを許してくれません。母親のようになりたくないと泣きわめく彼女に祖母は思いがけないことを言います。
カルタのプロになれと。

カルタのプロ。



末次先生はなにか確証があってこの言葉を出したのでしょうか。
一応ネットで調べてみましたがいまだこの世には存在しないもののようですが……。


大昔、上原きみ子先生が週間マーガレットだったかフレンドだったかな、それで歌の力でベルリンの壁を壊すって壮大な漫画を描いたことがあったけど(ベルリンの壁が壊されたのはそれから何年もたってからだけど)、それに匹敵する、つまり歴史事実を変えるくらいの発言ですな。
いったいどうなるのだろう?

天使のセレナーデ 1
天使のセレナーデ 1
posted with amazlet at 15.10.27
秋田書店 (2013-05-31)

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON