HOME   »  ちはやふる  »  ちはやふる28巻 感想あらすじネタバレ

ちはやふる28巻 感想あらすじネタバレ

うっかりしてたらもう10月で、今月29巻が発売しちゃうじゃないですか!

きゃーっ!

というわけであわてて28巻感想。
いや、さぼってたわけじゃなくて私にも仕事が締め切りが……。
ちはやふるの感想って実は毎回時間がかかるからさ。
他のマンガは一回読んでさっくり書いてしまうんだけど(「AWAY」はけっこう時間かかった)、ちはやふるはいろんな読み方ができるからね。

ちはやふる(28) [ 末次由紀 ]

価格:463円
(2015/10/2 13:36時点)
感想(18件)




さて。

前回まったくカルタをしなかった千早ですが、今回はカルタしてます。
しかし今度は太一がまったくと言っていいほど出てきません。新が出ないのはいつものことですが。

そして前回の重い話を吹き飛ばすように今回はわらいどころがたくさん用意されています。というかほぼ千早のターン。
ヒロインなのに、ギャグ漫画じゃないのに、これだけ笑いのシーンを担える千早すげえ。

最初から行くと、原田先生に気持ちよく負けるシーン、一人だけ袴のシーン、試合ルールを知らないシーン、出たくて変な顔になってるシーン、一人だけジャージのシーン、スタメンで変な顔になってるシーン。

ヒロインなのに。
15-10-2-2.jpg
ヒロイン………?
15-10-2-3.jpg
ヒロインだよね?
15-10-2-4.jpg
悪役………?
15-10-2-5.jpg

そして私が一番笑ったのは「一度出たら二度と降りないけど」のシーン。
15-10-2-1.jpg
※画像引用 講談社 末次由紀「ちはやふる」28巻より
こえええよ、そしておもしろすぎるよ。

もうひとつ笑ったのは古文の先生に「文字はもんなにいらないなあ」と言って先生に「そんなところにたどりつくとは」とつっこまれているシーン。
シリアスなのに……シリアスなのに……っ!

さて、一部ですごく嫌われている田丸妹ですが、その彼女の背景がすごくしっかり作ってあるんですね。
他の一年、なぞの波田くんにもきっといろいろ用意してあるんじゃないかと思うのですが、末次先生はほんとにキャラ作りがすばらしいと思うんですよ。
私の小説はどうしてもキャラが弱くて、最近時代小説を始めてようやくキャラを作れるようになってきたかな、と思うのですが、このへん末次先生はすばらしいです。
きっと各キャラクターの家庭環境や、好きなもの、嫌いなもの、なにで感動してなにに弱いか、きっと全部作ってあるんだろうな。
脇キャラの中で見事だと思ったのは理音ちゃんとかね。あの米食いの設定見たときすげえわ、って思ったんだよ。

田丸さんがどうしてこんな子になってしまったかの描写が入り、読者は「ああ、そうなら無理ないなあ、でもやっぱり好きにはなれないけど」と思うじゃないですか。

15-10-2-7.jpg
※画像引用 講談社 末次由紀「ちはやふる」28巻より

でもそのあとで肉まんくんが田丸を認めてやるじゃないですか。
で、田丸がそれに感動してそこでいい子になっちゃうんじゃなくて、やっぱり性格変わらなくてまた反感買うけど、すぐあとに机くんの怖い一言。

15-10-2-9.jpg
※画像引用 講談社 末次由紀「ちはやふる」28巻より

ほめられただけでころっと性格かわっちゃうようじゃ、そりゃ物語に都合のよすぎる性格になっちゃう(性格と書いてキャラと読む)。
変わらないからこそ(いや、すこしは変わったんだけど)、そのあとに机くんの言葉に重みが出て、田丸が自分自身を見つめ直すことになるんですよね。

「言ってほしい言葉をくれる人間に、人は簡単に操作される、そんな簡単な人間になるな」

いやでもさー。
だれでもほめてほしいよね、認めてほしいよね。
私だってプロット出したときや作品あげたときにほめてほしいよ、面白いって言ってほしいよ。
言ってくれたらその人の為に書きたいとまで思っちゃうよ。
でも担当さんはそっけないんだよなー、仕事はきっちりやってくれるから頼もしいんだけどー、そうかー、甘やかさない方針なんだー、いや、そゆことはどうでもいいんだ。

机くん、かっこいいわー。
運動会の時もそうだったけど、最恐だわー。

そんな机くんはカナちゃんのまつげが4本になったことにも気づいてました。

15-10-2-8.jpg
※画像引用 講談社 末次由紀「ちはやふる」28巻より

読み返してみたけど17P目からもう4本だったよ!

とにかくなにが言いたいかというと、キャラクターが作り込まれているってことね。

実はこのごろシナリオの勉強もしているのですが、そこで講師の先生が、面白い映画の条件は二つしかない、と言うんです。
わかりますか?
  V
  V
  V
  V
  V
それは、ストーリーが面白いこと、キャラが魅力的なこと。

ちはやふるというのはだからすごく面白い映画になりうるんですよ。いや、実写映画がどうこう言ってんじゃないんですが、漫画通りなら面白くならないはずないし。
ちはやふるは映像的にもすごいから、末次先生は映画監督になるといいかもしれない。

154Pから155P目の演出についてですが、カナちゃんの肩においた千早の手のアップから、カメラが引いて千早の背に回ります。
「太一がかるた部をやめた」というある意味全員にとって負の言葉、なによりそれを千早が発したということに驚くカナちゃんと菫のUPになって、ぐいっとカメラが俯瞰構図、ここまで千早の表情なし。
そして次ページにUP。このとき手前にいるカナちゃんはぼかし効果となっていて、カメラの焦点がくっきりと千早だけに絞られています。
で、左端の「そして」のコマはかけあみグラデ。ここがふつうならベタにするかもですが、千早の目にトーン、口にかけあみをひいた繊細なペンタッチを殺しかねないのであえてかけあみグラデです。
計算というよりはこれはもう自然にできちゃっているんでしょうね。

15-10-2-65.jpg
※画像引用 講談社 末次由紀「ちはやふる」28巻より

上記の流れなので、次の見開きにもベタは少ないです。
星空のシーンも70番台か90番台の網の目のすくないトーン処理。いや、グラデか。
トーンにすることによって、全員の脳裏の上に(この言葉の使い方はまちがっているがまあ勘弁)、ふわりとイメージを浮かべさせます。
そう、読者ではなく、キャラクターの脳裏にイメージを浮かべさせ、読者はそれを見るわけです。

ふうーっ!

漫画家ってのはすごいなあって思うわけですよ、こんなときに。
ヒトコマたりとも手は抜いてないですね。
私も同人で漫画を描きますが、この部分はなんか白っぽいからトーンいれとこうとか適当ですもん。

最近NHKで漫勉ってやってるじゃないですか。浦沢直樹がいろんな漫画家に会うやつ。描いてるシーン見ていろいろ言っててそれがすごく的を得ているというか、影響された人とかすぐわかっちゃう。

漫画家のペンタッチってのは履歴書だよね。

そしてその漫画家さんたちもほんとヒトコマたりとも手を抜いてない。
それが漫画家を一流漫画家にするんだと思う。

だから小説家の場合は1ページ、1行、1単語に手を抜いちゃいけないんだよ。
「ちはやふる」を読むとわたしも奮い立っちゃうんだよ。がんばんなきゃって思うわけ。

とまあここまで書いてきて次巻が今月16日発売。
瑞沢高校はどうなるのか、太一は顔を見せるのか、波田くんは活躍できるのか、新の部活はどうなるのか、

そしてしのぶちゃんはバイトできるのか。

それにしてもしのぶちゃん、バイトで買える着物言うたらポリか?
なでしこやふりふなんかだと正絹でも9万くらいで買えるけど、今まで100万単位の着物着てたのに大丈夫なんか? あ、アンティークなら5万くらいで……。

待て次号!

ちはやふる(29) (BE LOVE KC)
末次 由紀
講談社 (2015-10-13)
売り上げランキング: 51


うわっ! ヒョロくんが表紙???
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON