HOME   »  マンガ  »  阿房列車

阿房列車

 かの内田百の小説? エッセイ? を漫画化したもの。

 アクション小説などではなく身の回りに起こる出来事を漫画化した場合、説明する地の文がけっこううっとおしくなるが、このマンガの語り手は百先生本人なので、自分の感清がナレーションとなっている。その文章が1コマ1コマに適切な量で収められているので読みやすい。

用はないけど大阪まで電車にのっていってまた帰ってくるという内容だ。

 当時の列車には1等・2等・3等とあって、1等で行って3等で帰ってくるこだわりとか、出発列車が遅れたため、乗り換えに時間がなく走らなければいけないのがいやだ、とか、献杯はきらいだけどみんながやっているのに誰も自分に盃を差し出してくれないのはいやだとか、わがままだけどうんうん同意できるのが百先生が愛された理由なのだなあ、と思う。
 期待をもって語りかけて相手に外された感覚とか、相手の思惑通りの答えにならずに気まずくなるとか、ほんのささいな気づかないようなことに目を向けそれを読ませる文章で読ませてしまうのは、文筆家としては見習いたいところ。

 またマンガの一篠裕子さんの描く百先生は、その仕草や表情か非常に愛らしく、なんだか怒りんぼうの小動物を見ているみたい。 とっつきにくい昭和初期のこの作品を「テツ」ものとして企画して仕上げさせたのはIKKIの優れた腕前だと思う。
このマンガで百先生の本が鉄道関係のところに置かれたとしても、テツの人々のバイブルになったとしても多くの人が読むのなら問題なし。

阿房列車 1号 (IKKI COMIX)
阿房列車 1号 (IKKI COMIX)内田 百間

おすすめ平均
stars挿絵付の原作ダイジェスト?
stars素晴らしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON