HOME   »  ニュースや世間  »  "捨てられるモノ"が画期的な商品に変わる! ガイアの夜明け

"捨てられるモノ"が画期的な商品に変わる! ガイアの夜明け

5月26日の「ガイアの夜明け」を録画で見る。
今回は「"捨てられるモノ"が画期的な商品に変わる!」

取り上げていたのは使われない野菜からつくったクレヨンと、放置されている竹と飲まれないお茶から作った活性炭。
どちらも元々大手の会社に勤めていた人が独立して作った会社ではじめたというのも共通点。

デザイン会社に勤めていた木村尚子さんは仲間と4人で起業し、野菜のクレヨンを作ったという。
野菜のにおいに優しい色合いで少し高めだが安全性とエコな精神が人気を呼んでいるらしい。

【公式ショップ】おやさいクレヨン「vegetabo」~Season3~ 国産の「お米」と「野菜」からできた安全・安心なクレヨン

価格:2,160円
(2015/6/24 14:31時点)
感想(15件)




おやさいクレヨン ベジタボー シーズン2
デザインワークスStmind
売り上げランキング: 16,471


でも子供って強めな色が好きじゃない? 真っ赤とか、濃い青とか。
今後はそういう色を増やしていくことが課題じゃないかな。
木村さんは今野菜の粘土に挑戦しているそうです。

そういえば食品由来なら寒天で作った粘土というのもあったね。




入江康雄さんの会社「炭化」は物流の流れを変えるかもしれない、とまでいわしめた特殊な活性炭「タンカフレッシュ」を作っている。
もともと道路公団で全国の山々を見てきた入江さん、放置されている竹林が気になり、それを生かせないかと会社を作ったと言うからすごい。

試行錯誤でできあがった活性炭は、今までのものより野菜のもちがよく、日本から中国までの船旅にも耐えられるそうだ。
空輸より安くすむから、おいしくて安全な日本の野菜が中国のスーパーに並ぶことができる。
佐賀県の農家を応援したい入江さん。
積極的に佐賀県の農家に中国への輸出を進めているそうだ。
中国と日本の農家のしっかりとしたルートや契約ができれば、日本の農家の将来も明るくなるだろう。
(中国のパクリや横取りや著作権無視に気をつけて―――むろん一部の心ないひとたちのね)

ちなみに「ガイアの夜明け」で取り上げられてタンカフレッシュが今品薄だそうだ。

会社「炭化」はこちら
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON