HOME   »  マンガ  »  「江戸モアゼル」と「サムライせんせい」

「江戸モアゼル」と「サムライせんせい」

この2冊はどちらも江戸時代から現代にタイムスリップした人間のマンガです。

「江戸モアゼル」は大好きなマンガで、江戸時代の花魁が現代にタイムスリップしてコンビニで働く話。
表紙を見るとぎょっとするけど浮世絵調なのは江戸時代のキャラだけで、コンビニの同僚たちはふつうの絵なのでご安心を。
仙夏姉さんは花魁のきょうじと気っ風が粋な売れっ子花魁。平成の時代にきても筋の通らないことは許せない。
コンビニの商品棚の隙間からついキセルを差し出したり、お弁当を暖めるお客につい色目を柄ってしまったりするけれど、しゃんと自分の立ち位置を確保できるいい女。
まあ基本花魁が平成の時代にいるというギャップを楽しむギャグなんですけど、ねえさんの懸命さがいとおしく、コンビニ店員とのほのかなロマンスもあって楽しく読める。
発売が去年の秋なので書店で探すのは難しいかもしれないけどおすすめ。



「サムライせんせい」は歴史上の人物、武市半平太が平成にきちゃう話。
こちらもやはり平成にとまどう武市先生がおもしろいんだけど、「江戸モアゼル」よりは絵もシリアスな分、違和感に苦しむ武市先生の苦悩が大きい。
塾の教師となり子供たちに慕われてはいるが、現代平成のなまぬるい風潮にどうしてもなじめない。
剣道なんかダサイという子供に失望したり、無目的な若者をしかったりするけど自分の居場所はどこ……?

驚いたのはこの作品がリブレ出版から出ていること。
え? あのビーボーイの? これBL? 掲載誌は「クロフネZERO」? なにそれ。
クロフネってのを見るとなんか雑多な感じでアフタヌーンぽいのかな?
全部無料で読めるんだけどコミックスを買いたいと思ったのはあと1作しかなかった。
うーん、これちゃんと編集さん入っているのかなって少し心配になる……。


サムライせんせい (クロフネコミックス)
黒江S介
リブレ出版 (2014-11-10)

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON