HOME   »  旅・酒・美味いもの  »  竹田城跡と出雲大社に行ったよ!

竹田城跡と出雲大社に行ったよ!

10月頭に鳥取・島根旅行に行ってきました。

一泊二日の阪急交通社によるツアーです。




前から出雲大社に行きたかったのと、ツアー内容に「竹田城跡」が含まれていたのでこれに決めました。
竹田城跡というのは、あの高倉健主演映画「あなたへ」で一躍有名になった天空の城です。
私もその映画で竹田城跡を知りました。
(映画感想はこちら「「あなたへ」感想ネタバレ」
とても美しい景色だったのでぜひ観たいと思っていました。

旅程は1日目・伊丹空港→天橋立→竹田城跡→鳥取市内泊
2日目・鳥取砂丘→伝承まがたま館→出雲大社→お菓子の城→蒜山SA→岡山空港

かなりの範囲を回るもので、観光よりバスに乗っている時間の方が長いようでしたが、これだけを二日で回れるのはやはりツアーならではですね。
45人定員が満席の人気ツアーでした。

まず天橋立ですが、ここはまあ私にはあまり興味のないところで、そう言えば昔トルーパーで当麻が来てたよねえと相方ちゃんが言うのに相づちをうつだけ。ここで相方ちゃんの作ってくれたお弁当を食べる。

hasidate0118_800x600.jpg
モノレールに乗って天の橋立がよく見えるビューランドへ
hasidate0140_800x600.jpg
一般的な天の橋立
hasidate0138_800x600.jpg
まあここにきたら「股覗き」
hasidate0135_800x600.jpg
近くにある智恩寺の山門。大工は延べ8780人要したとか。
hasidate0127_800x600.jpg
ぶらさがっているのは扇形のくじ
hasidate0152_800x600.jpg
天の橋立で見たちょっといい踏み切り
hasidate0142_800x600.jpg
駐車場でみんなに心配されていた昼寝中の猫。死んでない。
hasidate0150_800x600.jpg

それからお目当ての竹田城跡。
ここは途中までバスとマイクロマスで行って、20分かけてアスファルトの坂道、さらに20分かけて急勾配の石階段を上ります。
いや、今行っておいてよかった。あと10年もしたら私の足では上れませんよ!
ほんとに高い場所にあって、城ができるまで13年かかったと。その間ずっと建築にたずさわっていたお百姓さんたちの田畑は荒れ放題になったとか。
風景は非常に美しく、石垣しか残っていない城跡もとてもすばらしいものでした。
ただ写真で見るような雲海はもっと寒くないと観られないそうです。
以前観光客が少なかったときは、石垣にも手をふれられたそうですが、今はロープがあちこちに張ってあります。
「あなたへ」でいきなり観光客が増えたらしいです。
この城跡は今も修復作業をしているのですが、車で資材を運べないのでヘリで運ぶか、やはり手で運んでいるらしいです。そしてこの石垣を作った穴太衆という石工の子孫が今まだ続いていて、その人たちが携わっているとか。
歴史を感じますね。

takeda0164_800x600.jpg
takeda0167_800x600.jpg

takeda0173_800x600.jpg
takeda0178_800x600.jpg
takeda0182_800x600.jpg
takeda0177_800x600.jpg

ほとんど雲ばかりだから上級者向けかな?
天空の城「竹田城跡」のジグゾーパズル 1000 pices jigsaw puzzle
あさごもん 朝来市商工会
売り上げランキング: 335,041


このあとは鳥取市内へ。
鳥取駅前のニューオークラ。
私は翌日の出雲大社には着物で行きたいと思っていたのですが、うっかり足袋を忘れてしまいました。
でも近くにイオンがあったのでそこでかわいい足袋を入手! イオンすばらしい。
鬼太郎のカップ酒も売ってました。3個セット。ネズミ男のラベルが渋い。
kitarosake.jpg

ニューオークラにはバーがあって、相方ちゃんと2杯ずつ飲みましたが、なんと4000円以内ですんでびっくり。
ホテルのバーだからもっとぼったくられると思ってたけど、チャージとかなかったのかな。

アルコールと竹田城跡の山歩きでその晩はぐっすり。

翌朝早く鳥取砂丘へ。
早朝だったのが納得。こんなとこ暑くなってからこれない!

RIMG0192.jpg
大きさがお分かりいただけるだろうか?
RIMG0197_20141008025346d67.jpg
馬の背と呼ばれる大丘を越えると海が見えます
RIMG0200.jpg
ここはこのまま海につながっているのではなく、断崖絶壁です
RIMG0206_20141008025342eb6.jpg
RIMG0207_20141008025341fdc.jpg

私は汚れてもいいようにと着ている着物は実はデニムの一重です。
今年の春に買ったんだけど、このデニム着物楽でいいわー。着るとぴしっと折れるので気安いし、汚れも気にしなくていいし。
ちょっと見た目は無地のシックな感じだし。添乗員さんやツアーのお客さんにもほめてもらいました。

次に向かったのは伝承まがたま館。まあおみやげ物屋さんなんだけど、お昼ご飯をとるのね。
RIMG0211.jpg
オプションで食事をとれるんだけど、節約旅行の私たちは朝、鳥取駅で買った駅弁。
RIMG0210.jpg

まがたま館の人が今でも皇室に納めていると言っていたのでそんな儀式があるのか尋ねると、出雲大社の宮司が代替わりするときとか、皇室の人がほしいといったときに作っているそうです。
今年今月五日に高円宮家の次女典子さま(26)と出雲大社権宮司の千家国麿(せんげ・くにまろ)さん(41)のご結婚があって、宮司が代替わりするので作ったとか。
日本でいちばん古い家系と2番めに古い家系の縁組!
この勾玉を納めるというのが実は平安時代に一度途絶え、つい最近復活したらしいんですが、途絶えた理由も復活の理由もなんだか曖昧ですね。
(このあたり調べると伝奇小説が1本書けそうです)

続いて出雲大社。
ほんとにラッキーだった。翌日結婚式だもの、ぜったい規制されるよね。
出雲大社は人が大勢いたせいか、なんだか気軽なイメージです(平安神宮の方がピリピリしてた)。
でも奥の本殿の大きさ・高さはさすがの迫力。大昔はこの2倍の高さがあったというから、いったいどうやってそんな柱を立てたのか、またその上にどうやって社を建てたのか、ほんとうに不思議。

出雲大社には4本の鳥居があって、入り口から木の鳥居、石の鳥居、鉄の鳥居、青銅の鳥居。
で、これは鉄の鳥居。
RIMG0212.jpg
神様の通る参道
RIMG0213_201410080259348c4.jpg
日本で一番大きな国旗。畳75枚分。この高さ+1メートルが本来の本殿の高さ。
RIMG0222.jpg
拝殿
RIMG0224.jpg
昔立っていた45メートルの本殿を支えていた3本の柱(復元)
RIMG0214.jpg
神楽殿のしめなわ
RIMG0237.jpg
一般には開放されない本殿。小さく見えるけど実際見るとみあげるほど。
昔はこの倍の高さがあったなんて信じられない。
RIMG0235.jpg

ここでは時間がとられていたので名物出雲蕎麦を。
少し甘めのつゆでしたが麺がおいしかったです。
RIMG0243.jpg

このあとは再びおみやげもの屋さん(お菓子の城・寿城)で銘菓栃餅やおかきを買い、相方ちゃんが楽しみにしていた蒜山でミルク焼きだのロールケーキだの焼きそばだの買い、3時間近くバスに乗って岡山空港へ。

美しい夜景を見ながら羽田に到着後は、羽田空港内の銀座ライオンでお疲れさまの1杯。
RIMG0264.jpg

こうして初めての鳥取・島根観光が終了しました。
強行軍だったけど一回でいろいろ観て回れるツアーはなかなか楽しいし、行き先お任せで楽なので、またやりたいですね。

でもバス集合時間を10分も経過してみなさんにご迷惑おかけしたことを、ここに深くお詫びします(集合時間間違って覚えていたのよ)。

日本の城 10号 (竹田城) [分冊百科]

デアゴスティーニ・ジャパン (2013-03-19)




関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON