HOME   »  洋画  »  2014年ハリウッド「GODZILLA ゴジラ 」を観た。

2014年ハリウッド「GODZILLA ゴジラ 」を観た。

うーん、予告がよすぎたかなあ……。

g2.jpg

最近わたしたちのお気に入りの映画館は日本橋コレドにある東宝シネマ。
だって大好きな三越はあるし、コレドの中には楽しいレストランやカフェや居酒屋がそろっている。
映画館も席はいいし、スクリーンから座席までゆったりとってあって前の方でも見やすいし、スタッフも丁寧で洗練されている。
なによりシネママイレージというのがあって、6本観ると一本無料というカードシステムがすてき。
(ただしこのシネママイレージ、映画のチケットを購入しただけではポイントがつかない。映画館で必ずチケットの半券を見せて後付けしてもらわなきゃいけなくて、それを知らずにたぶん私は4本、相方も2本ポイントをつけそびれた。そこが不満)

で、まあその東宝シネマで映画を観てるとさすが東宝だけに毎回ゴジラの予告が流れるのね。あちこちに看板もポスターもあるし。
8月に向かって盛り上がっていく。
その盛り上がりに期待が大きすぎたのか、ハリウッドゴジラはパシフィック・リム(13年9月レビュー)ほどには私に感動を与えなかった……。

GODZILLA ゴジラ 北米版 / Godzilla [3D+Blu-ray+DVD][Import]


エンタメとしてはよくできていたと思うんだけど。

なにが一番不満かというと―――いきなりネタバレするけど、もう情報もかなりでているから大丈夫だよね―――破壊するのはゴジラではなく名前が脱力なムートー。

なんだよ、ムートーって。

頭がギャオスっぽい体がのみっぽいオスメス二匹の怪獣、これが暴れて町を破壊する。
で、ゴジラはこいつらを倒しにくるだけなのね。

話の筋は平成ガメラ1作目に似ている。
地下にいた怪獣の卵を人間が掘り当てて、でも孵らないから捨てちゃって、結局孵化してでてきて町で暴れてゴジラが世界のバランスをとるために倒しました、って。

うん、ガメラだ。

じゃあおかしいでしょう、ビキニ沖の原爆実験は実は実験じゃなくてゴジラを倒すためのものでしたっていうのは。
そのときゴジラはなんのためにきてたの? その説明ないよね。
まさかゴジラは第二次世界大戦のバランスをとるためにきたの?

日本政府が原発の下になんか隠してるってのも無理ありすぎ。

原発の下に怪獣隠れてたら心穏やかに10年も過ごせないよね?

そういう理屈的におかしいところもさ、怪獣が暴れ回るシーンで帳消しになるかと思いきや、ゴジラは町を破壊しない。

怪獣映画において街の破壊はカタルシスでしょう!

初代ゴジラにおける東京の火の海を、平成ガメラにおける札幌の破壊シーンを、渋谷の街の大惨事を、京都の幻想的な炎を!

NYやロスを大壊滅させてほしかったんだけど、やはりあの高層ビル群をゴジラ1頭で破壊するのは無理だったか。
ゴジラがなかなか出てこない&あまりにも人間がムートーに対して無力なので途中でちょっと退屈にもなった。

不満その2は渡辺謙が活躍しない。

たいていいつもどこか呆然とした顔をして立っているだけ。

ゴジラやムートーを倒す画期的な武器も「こんなこともあろうかと」もないんだよなー。
オキシジェン・デストロイヤーとかメーサー砲とか欲しかったな。
パシ・リムの科学者は自ら怪獣とシンクロしようとしたり無茶なことしてたから、そういうマッドな部分が欲しかった、ドクターセリザワならさ。

ゴジラvsビオランテ に出てきた「スーパーXII」 (1/144スケール プラモデル)
g3_400.jpg


あと「ゴジラ」って言ってるのは渡辺謙だけで、他の人はみんなやっぱり「ゴッズィーラ」っていうのな。「ゴジラ」ってそんなに発音しにくいのかな。

よかった点もある。

主役の軍人さんはよかった。不死身かっていうくらい不死身でしたがあれだけ筋肉パツパツならOK。
地上1万メートルからゴジラに向かって落ちていく絵もすばらしい。
出るぞ出るぞとわくわくさせるゴジラ登場のシーンもいい。
そしてついに登場したゴジラが満を持してのあの独特の咆哮―――いやここはかっこよかったね! 歌舞伎なら声がかかってたよ、「よっ! 東宝屋!」

ゴジラはちょっと筋肉質でマッチョで、そのわりに頭小さくてしっぽやせびれがものすごく大きくて岩山みたい。
ビルの間に立っている姿もかっこいいけど、海の中をまっすぐ泳いで行く姿もかっこいい。

あ、OPのモノクロで原爆実験やUMAのフィルムや写真なんかがテンポよく映し出されていくところもよかった。この部分はすごく昔のゴジラっぽい。なんでかわかんないけど。

そう、絵はすばらしい、どのカットも。

でもゴジラを正義のヒーローにしてはほしくなかったかなあと。人間と意志を通じさせるのもどうだろう。

ゴジラに対する愛は伝わるんだけど、ゴジラはあくまで誰の味方でもない自然災害というとらえ方をするのかと思ってたんで(私の思いこみだ)ストーリー展開にちょっと首をかしげてしまったんだよね。

あ、あと、原発だの津波だのは繊細な日本人にはまだ早かった気がするぞ。
(あまり犠牲者は描かれなかったけどね)
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON