HOME   »  洋画  »  マレフィセント 感想

マレフィセント 感想

ディズニーアニメの「眠れる森の美女」の敵役の魔女を主役にした映画。
再現率すげえ。
確かに顔は違うんだけど、赤ん坊に呪いをかけるときの表情とか顔の動きとか、アニメーションと同じだった!

マレフィセント (ディズニーアニメ小説版)
エリザベス・ルドニック
偕成社
売り上げランキング: 5,658


まあ同じシーンはここまでであとはオリジナルな話になっていくんだけど、これは「次元大介の墓標」が『次元がかっこいい!』って映画だったのと同じように『マレフィセントかっこいい』って映画だった。

うーん、感想書きにくい。ストーリーに関してはあまり心に響いてこないし、美術も目を見張るほどとか見たこともない世界、ってわけじゃない。
とりあえずアンジェリーナ。ジョリーはいい女だって映画だよね、ごめん。


関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON