HOME   »  TVドラマ  »  「永遠の時効」「残酷な視界」刑事ドラマ2本観ました

「永遠の時効」「残酷な視界」刑事ドラマ2本観ました

お仕事がひとつ終わったので、録り溜めていたドラマを消化しています。

先日「横山秀夫サスペンス 永遠の時効」と「森村誠一の終着駅シリーズ 残酷な視界」。

共通点も多い作品で、まずどちらも原作がある、そしてどちらも事件が2つ起こる。

お話としては「残酷な視界」の方が入り組んでいて面白かったのですが、ドラマとしては「永遠の時効」の方がよかった。
これは「永遠の時効」の主役の中村俊介演じる田中刑事を丁寧に描いていたからだと思う。
田中刑事は犯人を取り調べるのがうまいのだが、その秘訣は「人を憎み続けること」。
しかし、今回レイプ事件の被害者の担当になり、その被害者に同調してしまったため、話しに聞き落としがあった。
それで別な捜査にまわるんだけど、田中がどういう人間なのかをそこでちゃんと描いている。
レイプ事件ともうひとつの事件は関係がない事件なんだけど、田中という人間が間でつながっているため1本の話しになっていた。
話しや刑事のチーム3つのライバル関係もおもしろかったので、今後も続篇を希望。

原作ではないけど「永遠」と同じキャラが出てくる。「永遠」は雑誌に載った短編だったらしい。
第三の時効 (集英社文庫)
横山 秀夫
集英社
売り上げランキング: 9,247


で、こっちがその短編がおさめられているアンソロジー

「残酷な視界」は主演が片岡鶴太郎でシリーズ化されているため、今更人物をじっくり描くことはしないんだろうな。
一人の女性が指さしたために起こった殺人事件で、話しも複雑にからまってて、森村誠一独自の冷やかさも充分あったんだけど、やはり鶴太郎に魅力が感じられず残念だった。

「残酷な視界」も短編のようです。あらすじだけ読むと、TVとは違うみたい、ヒロインの悪意は脚本家の創作なのかな?
残酷な視界 (講談社文庫)
森村 誠一
講談社
売り上げランキング: 51,489



キャラクターの魅力を描いて読者に共感を持ってもらうというのは、実はわたしも苦手なので、このドラマ2本みて我が身を振り返ってみる。
やはりキャラクターが魅力的だとこのキャラたちで今後も見たいと思うからなあ。
しかし「永遠の時効」「残酷な視界」とどちらもかっこいいタイトルだなあ。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON