HOME   »  TVドラマ  »  ルーズベルト・ゲーム 7話

ルーズベルト・ゲーム 7話

笹井専務と細川社長の仲がかなり険悪になってきた。
今回ようやく細川が笹井に対話をもちかけたんだけど、笹井は無視。
細川社長、遅すぎたよ。今まで全部一人で立ち回ってきたツケが。
もう信頼してもらえないのかな。

東洋カメラとイツワ電気の提携の話はなくなったけど、イツワは本当に青島製作所がハイスペックなものを納期に間に合わせられるのか疑っている。
結局イツワと青島のコンペ方式になる。

イツワは笹井から手に入れて株主名簿を元に、金に困っている株主を抱き込んで、イツワと青島が合併すれば青島は上場、株主にも配当金がたくさん入ると吹き込む。
株主たちが合併を言い出す中、細川は筆頭株主である女社長に会いに行くが、彼女は笹井の話を聞きたいという。

そりゃ笹井専務がハンサムだから おそらく、青島会長と長年会社を守ってきた経歴のためだろう。

細川は笹井に女社長に会って合併は会社のためにならないと言ってほしいと頼むが断られる。
「イツワが欲しいのはうちの技術力だけだ! 青島のことなんかみじんも考えていない!」
「会社を守るにはイツワとの合併しかない」
 ホテルの庭でそんな話をしているとイツワの板東社長が現れる。
「青島のことをみじんも考えていないなんて失礼な。青島のことはちゃんと考えてますよ、ねえ笹井さん」
意味深に笑いあう笹井と坂東。
「笹井さん、あなたまさか……」と驚愕する細川。

一方野球部は順調に勝ちあがるがそこに大ニュース。イツワ野球部が負けたという。このまま行くと青島は敗者復活線の決勝をイツワと戦うことになる。
燃え上がる野球部。
しかし、その前のチーム「」の試合の時、第一ピッチャーが怪我をして、温存するはずだった沖原を出してしまうことに。
沖原は血豆をつぶしながらも投げ抜いて勝利をおさめるが、野球部部長であり人事部部長である三上は、イツワとの試合が野球部としての最後の試合になると涙ながらに告げるーーー。

会社も野球部も絶体絶命。会社はともかく野球部は生き残れないんじゃないかなあ?

ルーズヴェルト・ゲーム [ 池井戸潤 ]

価格:864円
(2014/6/10 00:38時点)
感想(39件)


関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON