HOME   »  TVドラマ  »  ルーズヴェルト・ゲーム5話 あらすじ感想

ルーズヴェルト・ゲーム5話 あらすじ感想

がーん! 社運をかけて望んだ東洋カメラとの話がゴワサンになってしまいましたよ、どうすんだ、細川社長。

突然提携先の東洋カメラから納期を三ヶ月も前倒しにされた青島製作所。
実は同じイメージセンサーを搭載したカメラが別会社からでるらしく、それと時期をあわせたいというねらいがあった。
しかしエンジニアは短い期間では優秀なものは作れないと拒否。それなら納期は今のままでよりよい性能のものを作る、という姿勢を打ち出す。

いや、勝手にそんなこと決めて技術部にあとはよろしくってそんな、技術部は真田さんの集団じゃないんだから。

でも開発部長はやる気だ。ボーナスあげて。

いったんはその方向で動いてくれようとした東洋カメラの尾藤社長だったが、イツワから同じもの(性能は劣るが)を6割もやすく提供すると聞いて手のひらを返す。
提携はなかったことに。
その事実と合わせて笹井専務を引き抜こうとするイツワ・板東。そっけなく断る笹井だが、執拗にゆさぶりをかける。

最初のナレーションではっきり笹井は敵と言い放っているのはどうなの? 笹井専務は敵か味方かわからないところがおもしろいんじゃない。ミスリードにしてもこのナレーションは反則だよね。

今回はジャパネスクの諸田は出てこず、板東社長の黒さだけがUP。

しかし6割も安くってそれで利益あがるの? 利益より青島がほしいの? そんで質の悪いものできちゃうの? っていうか製造部死ぬの?

さて、頼みの綱に断られて落ち込む細川は会長にそのことを告げようとするが、野球を見に来いと言われる。
対戦は因縁のイツワ。

で、ここからずっと野球のターンなのであまり感想かけないんですけど。
おいつめられた沖原が先輩から習った必殺のシュートを投げて、それが相手のバットを砕き、その破片が投手の足を直撃という少年野球マンガの王道パターン。

この回視聴率が自己ベストの16%。いやあ、野球好きな人多いんだねえ。それとも笹井の行方が気になったのかな。

残念ながら青島は負けちゃうんだけど敗者復活戦があるんだって。
野球部と社員の応援に社長もまた燃えてきた。
来週再び細川社長の隠し玉でるのか? そして笹井の動向は?

今回のスイーツは田園調布にあるケーキ屋さんレピドールの
洋ナシの「タルトレットポワール」
hisyokasi.jpg

このスイーツ、視聴者投稿なんだってね。
じゃあぜひ「すずめや」のどらやきを!
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON