HOME   »  TVドラマ  »  ルーズヴェルト・ゲーム3話 あらすじネタバレ

ルーズヴェルト・ゲーム3話 あらすじネタバレ

毎回逆転があるのかと思ったけど今回は唐沢寿明演じる細川社長がけちょんけちょんにやられる回。
どーすんだ、ゲームセットになっちゃうよ?

game2.jpg

イツワ電気が起こした訴訟のせいで取引先が次々と離れていく青島製作所。
裁判には絶対に勝てるが早くて二年かかる。その間に青島製作所は潰れてしまう。細川は弁護士と相談して和解に持ち込むことに。幸いイツワが起こした訴訟には強引な偽証があるらしい。

一方社内のリストラはすすむが、廃部にならない野球部への不満もあがり、細川は野球部から一人退職させろと命じる。
そんな中、投手のマンダが腕を故障する。

監督は社長から廃部が延期になったのは社長と会長の賭だと聞き、怒りが爆発。
「遊びでやってんじゃねーんだよ!」
思わず食堂のテーブルに足をのせてしまう監督。

game1.jpg

そのあとすぐうろたえるのがかわいい。なんかオモチャみたいだな、この人。

和解の席を設けたはいいが、弁護士がつかんできた偽証の証拠は敵の用意した偽物だった。なすすべもなく打ちのめされる青島製作所。
それにしても談春さん、ほんとに時代劇の悪代官みたいだ(笑)。

game3.jpg

一方マンダは沖原にシュートのピッチングを教え(なんかすごい曲がってたけど、ほんとにあんなに曲がるの? そして工藤君はほんとにあのシュートを投げてたの? 教えて野球に詳しい人)青島製作所を去っていく。

「野球部を応援してやってください!」
マンダの思いが通じて練習試合には大勢の観客が。

しかし会社は大変、民事法を適応しようと言う江口洋介演じる笹井専務。
このあたりまで笹井専務は細川社長に冷たいよねー。敵か味方かわかんない。

あれだけ「白い巨塔」で一緒に仕事したがってて願いがかなったのに社長かわいそう。

そんな折り、細川にジャパニクスから電話。
接待の席でなんとイツワとの合併の話が……。

2chまとめなどでは青島製作所がサンヨーでイツワがパナソニックかと言われてますけど、洗濯機やGOPANでユニークな活躍をしたサンヨーをパナが買収、技術だけとってサニョー社員を切り捨てたと黒い噂もありますが、まさかそれがモデルなんてことは……。

視聴率も順調に10~13%を維持しているルーズヴェルト・ゲーム。次週はいよいよ沖原と因縁のイツワとの対決。なんとかスカッとさせて!

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社 (2014-03-14)
売り上げランキング: 41


話の組み立て方が似ている傑作「下町ロケット」も!

下町ロケット (小学館文庫)
池井戸 潤
小学館 (2013-12-21)
売り上げランキング: 121



※画像はすべてTBS「ルーズヴェルト・ゲーム」より
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON