HOME   »  ちはやふる  »  ちはやふる23巻あらすじ感想ねたばれ

ちはやふる23巻あらすじ感想ねたばれ

今さらですが書いていなかった23巻の感想(書き漏らしていた9巻もレビューしました)。

さあいよいよ名人への挑戦者が決まるこの巻、息を飲んでページをめくりました。

ちはやふる(23) (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
講談社 (2013-12-13)


カルタをやっている人なら3P目で結果がわかったかもしれませんが、私は4P目でようやくわかりましたよ。
原田先生勝利!
4・5P目のわっという歓声のあと、6・7P目の音のない感動のシーン。
原田先生が賭ける名人への執念、そして人生を知っているからこそ、弟子たちは感激で大泣きなんですね。
長年のライバルの北野先生も泣いています。

破れた新は畳の上でひっくり返っていますが、そこへ千早が。
千早だったら終盤どうしたかと聞かれ、「私は攻めかるただから、手にいれたいものほど手放すのーーー必ず取ると勝負にでるの」
まっすぐに自分を見つめる千早に新は「好きや」と告白。

24_1.jpg


もともと新は千早を好きだったんだろうけど、たぶんこのとき、はっきりと自覚したんじゃないかな、千早を手に入れたいと。

一方、太一は千早が借りたマフラーを名人に返しに行って、そこで「彼氏です」と宣言します。
カルタの勝負もおもしろいけどやはり少女マンガにはロマンがないと!

さて、試合が終わって穏やかな学園生活ですが、告白の日から千早はずっとぼんやりというかびっくりしてます。

新の告白を聞いていたカナちゃんとスミレちゃんはやきもき。太一に新の告白のことを告げたいカナちゃんですが、スミレちゃんに「真島先輩が超えられなかったハードルを綿谷さんは軽々越えちゃったんですよ」と止められてしまいます。
ぼんやりしっぱなしの千早に机くんが「勉強しないなら帰って、じゃま」と告げますが、その机くんも(テストで学年一位になったらカナちゃんに好きだって言おうか)と悶々としていますよ。

そんなぼんやり千早の元へどSの須藤さんや周防さんから練習試合をしないかとお誘いが。
なんと二人は同じ大学、しかも東大の学生なのでした。

東大!

24_0002.jpg


「周防さんここで4回も留年したの? 頭いいの? バカなの?」
大学は7年まで留年できたと思います。

千早は周防さんと勝負するのですが、そこで周防さんのカルタの本質を知ります。
周防さんのカルタは「コントロール」。
相手にお手つきを誘う気持ちの悪いカルタでした。気持ちのまっすぐな千早にはそんなカルタの取り方は考えもつかないようです。
しかし最後まで勝負を捨てなかった千早に周防さんは「クイーンになれない」と宣言。ショックを受ける千早。

千早のあと太一が勝負を挑むのですが、周防さんはつっぱねます。そこで太一が取り出したのがーーー

とらや。

24_0003.jpg

〈とらや〉小形羊羹14本入K-14【RCP】

価格:3,844円
(2014/5/11 01:43時点)
感想(63件)




とらやは反則だよね。
周りの部員から「あいつ出世する」とささやかれる太一。

周防さんとの試合のあと、原田先生を訪ねた千早は「周防さんの弱点がわかったかも」と告げます。あのわずかな間のどこでわかったのか不明ですが、誰よりも周防さんになりきった千早には周防さんの目の動きでわかったのかもしれませんね。

このあとクリスマス会やしのぶちゃんとおばあさんの話がちらっと出て、やがてついに名人戦へーーー

※画像は全て末次由紀「ちはやふる」講談社BR-LOVEコミックス
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON