HOME   »  TVドラマ  »  NHKドラマ「ロング・グッドバイ」2話あらすじ(ネタバレあり)と感想

NHKドラマ「ロング・グッドバイ」2話あらすじ(ネタバレあり)と感想

ロング・グッドバイ〔東京篇〕 (ハヤカワ文庫 JA ツ 3-1)
司城 志朗 渡辺 あや
早川書房
売り上げランキング: 11,342


釈放された探偵・増沢の元に不愉快な電話と不愉快な来客がある。
電話は拘留中に出会った弁護士で、誰に雇われたかは不明。客はこのへんのシマを納めているらしいヤクザ。二人はそろって保の事件に手を出すなという。

ヤクザは戦時中、目の前に手榴弾が投げ込まれ、それを保が投げ返したことで命を救われたのだという。それ以来、保を捜していて、戦後出会ったときは抱き合って喜んでいた。

保、友達いるんじゃないよ。どうして探偵のとこじゃなくてこのヤクザを頼らなかったのかな?

探偵は、保は志津香を殺していないと思っている。
志津香は殴り殺されていた。そんな残虐なことは保にはできない、と。

ロング・グッドバイ [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2008-02-22)
売り上げランキング: 5,929


そんな探偵のところに仕事の依頼が入ってホテルの喫茶室へ。
待っていると、喫茶室に背中全開きのすごいドレスを着た小雪がはいってくる。
で、少し離れて座って、そこへ依頼主の出版社の編集。
アル中の作家から奥さんを守って欲しいとのこと。
探偵はわざと奥さんのことを悪く言って編集と小雪の反応を見る。探偵は作家の奥さんが小雪だとわかっていたのだ。
「どうしてわかったんですか。私は奥さんの方を絶対見なかったのに」
って、編集さん、そんなあんなエロいドレスを着た美人が近くに座っててチラ見もしない、なんて不自然だって探偵が。
そりゃそうだ。

奥さんは作家が「Z」という医者のところにいるのでつれてきて欲しいという。でも「Z」が誰かはわからない。探偵は知り合いの闇医者に聞いて2人の医者に当たる。
しかしどっちの医者も怪しげな感じだ。妙にエロい看護婦とかいるし。
「財前」という廃業した病院に忍び込んだ探偵はそこで拘束服を着せられている作家を発見して連れ帰る。
この医者のところに頭のおかしい青年とかいて銃をぶっぱなしてきたりして危ない。

しばらくそばにいてと頼む小雪に強引なキスをする磐二。
「いけません、そんなこと。あなたはそんな人じゃないわ」
「私はこういう男です」
牽制か? しかし小雪はいやがってなさそうだぞ!!!


そんな探偵に死んだ保から手紙が届く。どうやら日本から誰かが保を追ってきていると言う。もうお終いらしいと手紙は続く。

「僕のことはどうか忘れてください。その前にどうかヴィクターズでギムレットを一杯頼んではくれないだろうか」

こんな手紙をもらって忘れられるわけないじゃん!
そして律儀にバーでギムレットを頼む探偵。
1話でバーテンダーが「オーキッド社のライム・ジュースがあれば完璧なんですがね」と言っていたそのジュースで作ったギムレットがでてきたよ!

そこへ女がやってきて隣に座り、「すっぽかされたの?」ってギムレットがあまってると思ったのか手を伸ばそうとするのをさっととりあげる探偵。

R・チャンドラーの「長いお別れ」をいかに楽しむか 清水俊二vs村上春樹vs山本光伸 (文芸シリーズ)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 山本光伸/著

価格:1,512円
(2014/4/30 17:29時点)





女は殺された志津香の姉だった。再び探偵の前に魅惑的な闇の扉が用意される……。

ロング・グッドバイ1話はこちら
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON