HOME   »  よもやま話  »  正直な客と手厚い販売者

正直な客と手厚い販売者

今富山の実家に戻っているのですが。

昨日母親が西町でますの寿司を買ってきました。
で、そこに一緒に置いてあった「玉風味」というお菓子を4個買いました。

玉風味とはたまごのメレンゲをつかったふわふわしたお菓子です。
見た目は卵焼きみたいなんですけど、中は真っ白なふわふわメレンゲ。
tamaten.jpg

ところが帰ってみるとその玉風味が5個。
レシートを見ても400円で、4個分のお金しか払っていません。
普通なら「あら、一個得したわー」と喜ぶところでしょうが、母親は

「4個買ったのに5個じゃ1個多いわ、一個多いわと申し訳なく食べることになる。
一個分払ってないのに食べているのは気持ち悪い」

で、翌日ほかの用事もあったんですが、タクシーで西町まで行って、その1個余計な分の100円を払ってきたんです。
向こうが間違えたんだから100円払うより1個返せば? というと、一晩家に置いたものは返せないと。

そうしたらお店の女の人(昨日玉風味を売った人)が感激して、
玉風味1個と笹寿司を2個くれたんですよ(笑)!!

100円返しに行って300円分の商品をもらった。

omake.jpg

損なんだか得なんだか。

いや、損得じゃないんだろうな。
その人も母親も感激のあまり泣いてしまって。

まあこういうことがあったから母親もまたあの店にますの寿司を買いに行こうという気になるしね。
ますの寿司もしっとりしてておいしかったし。

ちなみにこの店は西町のますの寿司作り体験もできる「味の笹義」さん。



関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON