HOME   »  邦画  »  清洲会議 あらすこネタバレ……っていうか史実だしね

清洲会議 あらすこネタバレ……っていうか史実だしね

今回の三谷幸喜映画は大笑いするものではなく、くすっと笑いを誘うようなもの。前回の「すてきな金縛り」のときは観客がもう笑うぞーという意気込みで見に行ったものだけど、今回の映画に関してはどういう姿勢で見ればいいのかとまどったんじゃないかな。

清須会議 (幻冬舎文庫)
三谷 幸喜
幻冬舎
売り上げランキング: 604


話は信長亡き後、誰が織田家の当主となるか、ひいては天下人になるか、という、下手をすればまた戦が起こりかねない状況で、腹のさぐり合い、駆け引き、頭脳戦が清須城の中だけで行われる。
なのでアクションが行われるわけでもなく、親父たちが顔をつきあわせてカンカンガクガクの討論をするだけの映画だ。
それをここまでおもしろくしたのだから、その手腕は見事と言える。



おもしろくした原因はもちろん三谷監督お得意の会話劇の妙もあるんだけど、そこにお市の方と柴田勝家と秀吉の三角関係を盛り込んだところにあると思う。
勝家も秀吉もお市にぞっこんで、しかしお市は無骨な勝家をうっとおしく思い、また秀吉は我が子の敵なので憎んでいる。どちらにも冷たい態度をとるのだが、男たちは勝手に燃え上がってしまう。
お市の前での勝家と秀吉がとってもキュートなのだ。

キュートといえば佐藤浩市。この人はセンスの悪い人という設定で「とにかく趣味を悪くしてください」と監督に言われたそうでちくはぐな感じにしようと衣装の人はがんばったらしい。でもデザイナー曰く、「浩市さんは何を着てもかっこよいいですから」。
パンフレットにそう書いてあった。
確かにお花模様のへんな着物着てたけどにあってたよ!

歴史上の清須会議はこんなに脳天来に進められたものではないだろうし、実際、このあと1年後には勝家は秀吉に対して軍をあげ、織田家は滅んでしまう。
それでもこの映画に描かれた武将たちの人間的な魅力に、「清須会議」という歴史的ネタがあってよかったな、と本末転倒なことを考えてしまう。

誰も書かなかった 清須会議の謎 (中経の文庫)

中経出版
売り上げランキング: 72,148

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON