HOME   »  旅・酒・美味いもの  »  銚子・犬吠崎の旅(はたらく魔王さまツアー)

銚子・犬吠崎の旅(はたらく魔王さまツアー)

とあるライトノベルの影響で相方ちゃんと犬吠崎に旅行へ。
昨日いきなり決めた。
ちなみにそのラノベはこれ。
はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫)
4巻に銚子へ行く話が載ってるのだ。
実は相方ちゃんが冬コミをコレでとったので(受かるか?)取材……ネタだしというか。



ではしゅっぱーつ。

13時40分発の「しおさい7号」に乗って……


着替えのバッグを山手線の電車の網棚に忘れた!

がーん!

あわてて東京駅の駅員さんに連絡。
回収してどこかの駅で受け取ってもらうしかないということで
旅行を諦めることもできず、バッグが見つかるかどうか駅員さんに賭けて着替えは泣く泣く諦める。

その後、駅員さんから電話があり、バッグは無事発見、新宿駅に保管ということで一安心。
明日帰ったときにとりにいくことに。

そうと決まれば旅行を楽しもう。
しかし私は前日夜勤だったせいで銚子まで爆睡。

銚子に着きました。

銚子電鉄乗り場。かわいい。
syusei_sumi5_R.jpg

目的の電鉄
syusei_sumi6_R.jpg

その他の電鉄車両
syusei_sumi7_R.jpg

これはもう使われていない車両(この赤と黒の車両が一番電鉄ぽかったんだけどな)
syusei_sumi9_R.jpg

すべてのホームに醤油屋さんのベンチ。
syusei_sumi10_R.jpg

銚子電鉄は赤字になって電車の修理代が出せなくなり、一時は廃止の危機にも陥ったことがあります。そのとき「修理代を稼がなくっちゃ、いけないんです」と濡れせんべいの購入をお客さんに呼びかけました。それが2chや電車好きな人のブログで広まり、全国から銚子電鉄を救おうとみんなが濡れせんべいを購入、そのおかげで修理代が捻出したといいます。
かくゆう私も濡れせんべいを3セット購入しました(笑)。

今でも銚子電鉄は赤字に苦しんでいるので、せんべい好きな人はぜひ購入してあげてください。

銚子電鉄HP

そういえば銚子電鉄の車内では地震で被害をこうむった三陸鉄道のPRもしていました。
銚子も地震の影響を受け、私たちが行く犬吠崎でも津波の影響・被害があったそうです。

かわいい駅看板
syusei_sumi19_R.jpg

君が浜では猫駅長・きみちゃんがおでむかえ。サポーター(ボランティア)の人たちかな。柱だけの駅。
電車の乗客に手を振ってくれました。ありがとう!
(電車は30分に1本くるので、30分きみちゃんと遊んでもいいみたい)
syusei_sumi24_R.jpg

犬吠駅到着。ヨーロッパ調。
syusei_sumi34_R.jpg

話題の濡れせんべいを販売する売店。けっこう広い。
syusei_sumi35_R.jpg

わたしは濡れせんアイスを購入。銚子商業高校生発案とか。
バニラの中に細かく砕いたしょっぱい濡れせんべいが。絶妙。
syusei_sumi36_R.jpg

ホテルにやってきました。犬吠崎観光ホテル。当日予約でも広い部屋。でかい液晶TVが2つも!
syusei_sumi40_R.jpg

なんとどの部屋にもマッサージ機が!しかも無料!
syusei_sumi42_R.jpg

ロビーにはジョーバを初めとした健康器具が。子供用図書館もあり、家族連れにもおすすめ。
syusei_sumi43_R.jpg

晩御飯は駅近くの寿司屋で。回転寿司だけど時間が早かったので客はわたしたちだけ。オーダーで握ってもらうことに。
syusei_sumi48_R.jpg

いろいろ食べたけどイワシがおいしかったな。地酒「君が浜」もすっきり飲めておいしい。
syusei_sumi49_R.jpg

銚子の伊達巻きはこんなの。卵がプリンみたいなのはこの店だけかと思ったら銚子の伊達巻きはみんなこんなんだって。ちょっと甘みがツライ。
syusei_sumi50_R.jpg

どうしてもきんめの煮つけが食べたかったのでホテルにもどってもう一度さしみと
syusei_sumi66_R.jpg

煮つけを。
syusei_sumi67_R.jpg

日本酒でおいしくいただきました。「きんめにあうお酒」という名前だったけど「君が浜」の方がおいしかった。
夜はホテルが海をライトアップ(20時まで)

翌朝。
犬吠の海は日本で一番早く太陽が昇る海だとか(魔王さま情報)。
syusei_sumi75_R.jpg

朝風呂はいいねえ。目の前が海で気持ちいい。
syusei_sumi110_R.jpg

朝御飯は旅館の醍醐味
syusei_sumi125_R.jpg

青空と灯台。やはり晴れている方が絵になる。昨日は曇ってたから。
syusei_sumi168_R.jpg

この日は1日乗車券を購入。お昼を観音で食べようと思ったので。
13-9-7-1.jpg

そのまえに犬吠の「地球がまるくみえる丘」に昇り地球の丸さを体験。
(写真撮ったけどパノラマじゃないと丸さがわからないよねー。でもここは実際見るとおおーっと思う)
13-9-7-2.jpg

歩いて外川駅に。レトロ。
13-9-7-3.jpg

ところが朝御飯でおなかいっぱいになったせいか観音についても全然おなかがへらない。
13-9-7-5.jpg

仕方なく観音では名物駅前たいやきを購入して(皮がぶあつくあんこがうまくて90円)、
汗をかいたので再び犬吠へ戻り日帰り入浴を。
これも1日乗車券のおかげ。
電鉄路線自体が端から端まで行っても30分って短距離なのもいい。

日帰り入浴施設 太陽の里 1500円
13-9-7-6.jpg

再び電鉄に乗り、銚子へ。緑のトンネルをぬけると
13-9-7-4.jpg

銚子です。しょうゆソフトを堪能。
syusei_sumi174_R.jpg

ほんとはヤマサの醤油工場を見学したかったんだけど、土日はおやすみでした。
映画の上映とお店だけやってるそうで、工場見学の方は注意。
なぜヤマサに行きたかったかというと、ドラマ「仁ーJinー」でペニシリンの製作工場にヤマサの先祖が工場貸したってエピソードがあったから。
実際はペニシリンは創作だからそういうのはないんだけど、モデルになった濱口儀兵衛さんという人は蘭学者と交流があり、当時千葉をコレラから守ったり、津波に襲われた村の堤防を自費で出したり、あの「稲村の火」という話のモデルにもなった人だというので、そのへんの話を「仁」のことも含めて聞いてみたかったんだよねー。
残念。
JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]

でも電鉄もホテルも相方が気に入ってくれたのでまた行く機会はあるでしょう。
そのときにはぜひ!

帰りは東京駅から新宿に直行で忘れ物のバッグを無事受け取りました。
ところで着替えがなかったので犬吠のセブンイレブンでタンクトップ買ったんですけど、これがすぐれもの。
着ている方が暑くないってほんと。
歩いてけっこう汗書いたんですが、背中はサラサラな感触でした。
ボディクーラーってやつですね。
衣服は進化してるんだなあ。




関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON