HOME   »  洋画  »  スター・トレック イントゥ・ダークネス 感想 あらすじ ネタバレ

スター・トレック イントゥ・ダークネス 感想 あらすじ ネタバレ

スタトレ・イントウ・ザ・ダークネスを観にいきましたよ。

公式サイト↓
intoza.jpg
画像引用 スタートレックイントウザダークネス公式

もともとスタトレ好きではあったんですが、今回は現代ものホームズ役で有名なロンドンのアルパカことカンバーバッチくんが敵役ででるというので楽しみにしてました。

alpaca9.jpg


それで観に行ったんだけど。
一言。
「あれ、仲間死んでないって伝えればあんな最悪な結果にならなかったのでは?」

よけいなおしゃべりはするくせに肝心な一言を伝えないよ!

映画はいろいろつっこみどころもありますがおもしろかったです。
相変わらずスピーディな展開でメンバーの軽口も楽しく、水中から発信するエンタープライズもかっこいい。
あんまり宇宙ものって感じはなく、地球や宇宙船の中でのでアクションが多いんだけど、カンバーバッチくんのアクションがキレがあってかっこよかった。
一瞬だけどあの方もでてきてくれて、いや、それはずるいでしょう。でも彼が画面にでた瞬間、映画館の中の気がぶわっと高まったような気がした。
泣かせるシーンも2カ所あります。わたしは2カ所だったんだけど、相方ちゃんは4カ所だったようです。

スタトレはヤマトのように昔の曲つかわないんだなーとちょっと不満に思っていたのですが(1作目は使ってた)、これは「宇宙大作戦」の前の時代でこの事件のあと、5年間の調査飛行、いわゆる「宇宙大作戦」に続くわけですよ。なのでエンディングでエンタープライズに乗ったカーク「行こう!」とワープ1で飛び立つと、満を持してあの名曲、宇宙大作戦のOPがかかるんですね。
ちゃーらーららららー ちゃらーらーらーららららー
いやあ、かっこいいね! この曲聞くとSFマインドがわさわさと揺れ動きますね!

始まってまもないのでこれ以降はネタバレになってしまうので、観に行く予定の方はここで引き返してください。

スター・トレック [Blu-ray]
スター・トレック [Blu-ray]


スタートレック イントウザダークネス あらすじネタバレ感想

赤い惑星はいまにも大噴火で滅びそう。調査だけだったエンタープライズは冷却爆弾を使って噴火を止めることに。
ところが冷却装置を持ったスポックが火山の火口に落ちてしまった。助けるにはエンタープライズを火山の真上にとばさなければならない。しかしワープ航法のない星で宇宙船の姿を見せるのは規則違反。だが案の定カークは規則を破ってスポックを救出。

しかしその後スポックから規則違反の報告が出され、カークはエンタープライズをおろされる。父親のようなパイク提督からもみっちり怒られる。
その後バーで飲んでいるとパイクが来て別な船に乗れるように手配したと教えられる。感謝するカーク。

この酒場のシーンでグラスに丸い氷がころんとはいり、おや、日本のバーのようだなと思ってたら、パンフに監督が日本の新宿で飲んだとき、丸い氷を見て感激してそれを使ったと書いてあった。アメリカでは氷を丸くしないのかな。氷がまるいとお酒がまろやかになるのよね。

その後ロンドンの軍関係の貯蔵庫が爆破される。犯人は娘の命とひきかえにハリソンという男に命じられたと自白して死亡。ハリソンを追うべくカークやパイクが宇宙軍のビルに集められるが、その場がハリソンに襲われる。
カークの機転でハリソンの乗り物を墜落させるがハリソンは小型ワープ装置を使ってクリンゴン宙域に逃亡。
この襲撃でカークの恩人でもあるパイクが死んでしまい、カークは悲しみと怒りでハリソンを捕らえるため単身クリンゴン宙域に行きたいとマーカス提督に申し出る。
マーカスは宇宙魚雷を提供し、ハリソンを見つけ次第抹殺せよと命じる。

機関士長のスコッティは自分の船に正体不明の魚雷を乗せるのを拒み、カークと喧嘩して船を下りる。
ハリソンのいる星にやってきたカークはそのころようやく頭にのぼった血も下がり、ハリソンを抹殺ではなく逮捕しようと考える。

少人数でハリソンのもとに行こうとしたが、途中でクリンゴンに捕らえられ絶体絶命、それを助けたのはなんとハリソンだった。
カークはハリソンを何度も殴るがハリソンはまったく平気。カークの方が殴り疲れてしまう。
ハリソンはカークに魚雷は何機かと聞き、72機と聞いて投降する。

捕まったハリソンはある座標を伝え、魚雷をあけて見ろとカークに言う。
カークは地球にいるスコッティにその座標へ行ってもらう。ドクターマッコイが魚雷を開けると中には300年前の冷凍保存装置があり、人が眠っていた。
72機の魚雷に入っていたのはハリソンの部下だった。
ハリソンは遺伝子操作で超人にさせられた過去の人間で、マーカス提督がクリンゴンと戦争を起こしたいために彼ら超人を利用しようと起こしたのだという。
ハリソンは部下を魚雷に隠したがマーカスに見つかり魚雷を取り上げられてしまった。彼は部下を取り戻したいために軍のビルを襲ったのだ。
そしてハリソンは自分の本名を名乗る。
その名はカーン。

カーンというのはTVシリーズでも映画でも強敵としてでてきたキャラクターです。あいにく私はそのキャラには詳しくないんですけど。こんど劇場スタトレの第二作「カーンの逆襲」を観てみよう。

そこへマーカスが新鋭艦で襲ってくる。フェザー砲で狙われて絶体絶命の時、マーカス艦がダウン、それは座標に到着したスコッティの仕業だった。
そのすきにマーカス艦へ進入しようとするカークとカーン。
いわく、ビルからコップの中へ飛び降りるような確率でエンタープライズからマーカス艦へ飛び移る。

同じ頃、スポックはバルカンと連絡をとり、オールドスポックと対話。カーンがどんな人間か聞く。
ここがずるいですよね(笑)、一度戦った人間に答えを聞くなんて。でもニモイスポックの登場はトキメキました!!

スコッティの協力で無事マーカス艦へ移動し、マーカスを捕獲したが、カーンが暴れ出してマーカスを殺害、カークもとらわれてしまう。

カーンはカークと引き替えに72機の魚雷の引き渡しを要求、しかし、マーカス艦に送り込まれた魚雷は爆発してしまう。絶叫するカーン。
カーンが部下をとても大事に思っていることは、カークとの対話にも出てきていたのでこれは酷い。しかしさすがにスポックとマッコイは魚雷の中から部下をちゃんと取り出していた。

だから。

なんでそれを伝えない。

エンタープライズに戻されたカークとスコッティ。だがエンタープライズは攻撃を受けて重力バランスがとれず、地球へ降下をはじめる。機関室へ急ぐ二人。
コアと呼ばれるなんか大事な部品がずれてるというので、カークは放射能が満ちている部屋に入り、足で蹴ってコアをもどす。

だから。

なんでそんな大事なものがあるところが一番危険な空間に。

コアは戻ってエンタープライズは一度つっこんだ雲から顔を出す。ここかっこいい。

しかし放射能に侵されたカークは死亡。今度はスポックが絶叫。

カーンはマーカス艦を地球の宇宙軍ビルにつっこませ、そこから逃亡、スポックも地球に降りて追いかける。
ここがアクションシーンなんだけどちょっと長すぎる気がした。

マッコイは、死亡していた小動物(これがトリブル!)がカーンの輸血で生き返ったのを見て、スポックにカーンを捕らえるように伝える。スポック聞いちゃいねえ。
そこにウフーラが行ってなんとかスポックからカーンをひきはがす。

その後カークはカーンのスーパー血液で蘇り、カーンは再び部下と一緒に冷凍され眠りについた。
そしてカークは念願の外宇宙探索の旅にエンタープライズを飛び立たせるのである。

ちゃーらーらーららららー、ちゃちゃーらーらーらーららららー、ちゃちゃーちゃちゃちゃちゃーちゃちゃちゃちゃーんちゃーんちゃーちゃちゃ、ちゃちゃちゃちゃちゃーんちゃーんちゃーん♪

よみがえったカークと冬眠させられるカーンとの対話はなしですか??
部下思いの艦長というところで意思を通わせることができると思うのに。
悪いことした人は殴られて負けて終わりなの?
敗者の言葉に価値を見いださないのはアメリカだからなのかな。

それでもスリルもサスペンスも笑いも涙もSFもミステリーも全部てんこもりにした今作はとてもおもしろく、帰りにTUTAYAでTVシリーズベスト(トリブルの回が入ってる)を借りて帰ってしまいました。

スター・トレック ディレクターズ・エディション
特別完全版 (本編ディスクのみ) [DVD]

スター・トレック ディレクターズ・エディション 特別完全版 (本編ディスクのみ) [DVD]

ザ・ベスト・オブ 宇宙大作戦 デジタル・リマスター版 [DVD]
ザ・ベスト・オブ 宇宙大作戦 デジタル・リマスター版 [DVD]

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON