HOME   »  TVドラマ  »  春ドラマ総ざらえ

春ドラマ総ざらえ

こんにちは! ドラマは録画派のるたです。
いろいろとバラエティに富んだ今期のドラマでしたが、ふたをあけてみるとおもしろかったのは「確証」「空飛ぶ広報室」「雲の階段」かな。

「確証」は刑事ドラマなんですが、刑事もの部分と人情部分のバランスがかなりよく、キャラクターも主役たちだけでなく一回ずつのゲストキャラも人生や背景がしっかり描かれていて感情移入がしやすかったのよ。
「相棒」のクールさ、スマートさはないのですが、物語としてよくできていると思いましたの。まあ「相棒」のような謎解き重視ってわけじゃないからね。小さな手がかりから地道な捜査で犯人を逮捕するという王道の刑事もの。主役のハギさんのひらめき重視です。
相方の女の子はちゃんと女の子してるし、刑事としても立派に犯人と格闘できるし、素直で正しいので顔はあまり好きじゃないんだけど(笑)好感がもてる。

主役が冴えないおじさんなのでいまひとつ地味なんですが、先日の泉谷しげるの鍵開け名人の話なんかもじんわりきます。

しかし窃盗犯って通り名とか、技術とかジンクスとかがしっかりわかっているっているってことは、犯人は止めないってことだよね。逮捕して刑に服しても更正しないってことだよね。
それって問題あるよねえ。

確証 警視庁捜査3課 DVD BOX

「雲の階段」は毎回緊張感に満ちた話でしたね。役者がよかったし、お話もスピーディではあったけどわかりやすく、誰が見ても引き込まれる話。
医療とは、医者とはどういうものか、と観ている人に考えさせるドラマでした。

そうそう、高塔さんから「雲の階段最終回」について熱いコメントをもらいました。やっぱり私と同じであの最終回には納得できないらしいです。

ですよねー。

しかもそのあと再びコメントが来て、原作での衝撃の事実が……!
ドラマのあのエンディングは原作とどう違っているか。
教えてもらって私もびっくりですよ。
どう違うかって……?
それはもう、……
………………

…………


書店で立ち読みしてくださいよ。

雲の階段 Blu-ray BOX

「空飛ぶ広報室」はさわやかで笑いあり涙ありで、しかも空自広報室というあまり知られていない部署を扱ったということでかなりエンターティメント。映画化してもいいよ。今期一番楽しめた。最終回に関しては明日、追記します。

空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX

「ガリレオ」は相変わらず福山雅治がかっこいいドラマではあるんだけど、前回の柴崎コウの刑事のときより掛け合いが少なくなってそのへんでマイナス。
ポメラニアン刑事はうざく文句言っているだけで背景がなく、(たとえばなんでそんな性格になったか、とか、いやもともとそういう女だったのかとか)物理的トリックに関しても1期より残念な感じ。北村一輝の復活を願いたい。渡辺イッケイは楽しいアクセント。
スピンオフで5分くらいのミニドラマやればいいのに。
イッケイとポメラニアンのかけあいはおもしろかったと思う。

ガリレオII [Blu-ray-BOX]

「トカゲ」「TAKE5」「110キロ」は残念ながら1回ずつしか見てない。今一つキャラクターの魅力にとぼしかったのかな。

さて、次回、夏のドラマはどんな顔ぶれでしょうか?



関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON