HOME   »  TVドラマ  »  空飛ぶ広報室 2話の感想・ねたばれ

空飛ぶ広報室 2話の感想・ねたばれ

soratobu.jpg
画像引用 TBS「空飛ぶ広報室」

けがをして戦闘機乗りから空自の広報官になった青年と、報道部からバラエティに移動になった女性の物語。
互いに挫折した過去を持ちながらそれぞれの職場で生きてゆくーーーというのがコンセプトなのかな。

空飛ぶ広報室
空飛ぶ広報室

二話から見てるんだけど、なにごとにもきまじめな青年空井(綾野剛)がおもしろい。華やかで情報があっという間に古くなり捨てられるTV業界の女性リカ(新垣結衣)との対比もよく現れている。自衛隊というのは機材はどんどん新しくなるけど精神はたぶんそれほど変化はないのかもしれない。まあ、陸自も空自も萌えキャラをマスコットにするという時流にはのっかっているけどね。

ナポリタンが名物の小さなレストランの取材をしたリカ、紹介のVTRは通り一遍の取材で作った適当でよくある構成、自分でナポリタンを食べてみようともしない。だからナレーションの言葉も自分の言葉ではなく一般的な感想でしかなかった。それはいつか報道の現場に復帰したい気持ちがあって、今の職場は腰掛けのつもりだからだ。仕事に真剣になれない、というか自分の仕事を見下している。

けれど過去の挫折を乗り越え、広報官としてがんばろうとしている空井の姿に、彼の語ったナポリタンの話に触発され、自分でその味を確かめ、自分の言葉でVTRを改訂。放送直前に変更してくれるように土下座までした。
彼女の中に仕事の意識が生まれた瞬間だった。

この土下座を「ナマ土下座初めてみた、うけるー」と携帯で撮影する若い子がいたが、いいことも悪いことも「ウケル」の一言で簡単に取得・発信してしまう今の風潮が実感をともなって怖い。
そこに知性が感じられない。ネットでは脊髄反射で反応を返し、それが拡散することが止められない。ドラマのほんの一シーンだが、そのシーンがなんだか一番記憶に残った。

しかし「空飛ぶ広報室」というからには空自が主役だと思ってたんだけど、新垣結衣を主役にするならTV局が中心なのかな。私としてはもっと空自の内側が見たいんだけど。

いざ志願!おひとりさま自衛隊
いざ志願!おひとりさま自衛隊
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON