FC2ブログ
HOME   »  年金・確定申告・税金など  »  準確定申告と寡婦控除

準確定申告と寡婦控除

わすれないうちにメモ。

本日父親と母親の確定申告に行ってきた。
父親は昨年亡くなったので「準確定申告」というのをしなければならない。
「準確定申告書」は国税庁のこちらからダウンロードできる。

これに相続人全員の住所氏名職業を書いて、代表者一名の氏名を書いて、父親の確定申告書に添付する。

確定申告は会場で職員の方につきっきりで書き方を教えてもらえる。
パソコン入力をしようと思ったら、「準確定申告」の場合は

手書きでしかできないとのこと。

準確定申告書とは別に確定申告書も記載。名前のところには
亡くなった父の名前と、相続代表者●●として私の名前も書く。

亡くなっていてもちゃんと医療費控除が受けられ、還付金が戻ってきた。
母親の口座にいれてもらおうと思ったが、代表相続人をとりあえず私にしていたため、私の口座にはいることになった。

還付金が欲しい人は、代表相続人にならないとだめ。

次に母親だが、前年は年金収入が400万以下だったため確定申告の必要なし、市民税の申告だけしてくださいとのことで、今年も市役所に市民税の申告に行ったら、寡婦控除というのが受けられると市役所で言われた。

確定申告の会場でいわれなかったのは、「寡婦」じゃない人もいるので、そういうデリケートな話は
こちらから言い出さない限り向こうからは言わないそうだ。

寡婦控除は、女性の納税者が所得税法上の寡婦に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
控除できる金額は27万円、特定の寡婦に該当する場合には35万円です。

また、母親は去年具合が悪く医療費が28万ほどになっていたため、市役所の人が「だめもとで」と言いながら確定申告の画面をいじってくれた。そうするとなんと1万7千円ほど還付されることがわかった。

市役所の人はそのまま確定申告の書類を作ってくれてE-TAXで送信。

そんなわけですから「寡婦控除」はちゃんと自分から言わないとだめです。





関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON