HOME   »  マンガ  »  2012年おすすめ漫画

2012年おすすめ漫画

2012年に出たり、私が読んだり完結した漫画を。



口先だけで描かない漫画家志望の専門学校生。
専門学校という安穏としたぬるま湯から一歩踏み出る努力もせず大言壮語ばかりしているが、クリエイターなら誰もが覚えのある恥ずかしさをほうふつとさせ、なにかしなければと焦りも覚える。
主人公のヤイバ先生の周りの女子たちががんばっているのでいやな漫画にはなっていない。
13年にはいってからは新展開! いや、描かないけど。



完結。言わずとしれたジャンプメジャー漫画。打ち切りにもならずきっちり終わりました。NHKのアニメも原作そのままの雰囲気ですばらしい。
読むとなにか行動したくなる「描かないマンガ家」とはまた違うやる気をもらえる。



とんでもなく面白い話ととんでもなくうまい絵が組み合わさってすばらしい漫画になった。ただのバトルものではない、サイタマの覚めた目線がすてき。
そしてジェノスがかわいい。



いつか失われるボーイソプラノ。音楽を愛し、音に敏感な、あまりにも繊細な少年と、彼を取り巻く合唱部員や町の人々。さまざまな思いが美しいハーモニイとなる。
音楽の表現が独特ですばらしい。



どこか不器用さを抱えた登場人物たち。ダンス部でそれなりに踊っていたのにもっとがんばってみたくなった。
必死さを恥ずかしく思うキャラばっかりなのでいつもギクシャク。それでも少しずつ進み始める。
等身大、という言葉がこれほどあてはまる漫画はない。



高校生で少女マンガ家の野崎君と、彼に恋するオトメの漫画ライフ。野崎君は変人だけど自分では自覚がない。周りにもっとおかしな人がいるから。



気は優しくて力持ち。もてたことのない猛男くんが純情かれんな乙女の大和ちゃんと両想いに。うれしはずかし恋愛模様。純な二人はどんな障害も乗り越えて愛を貫く。
いや、笑えるんですけどね。



正統派少年漫画。天正少年使節団をテーマにサムライの子がさまざまな異国をめぐる。あまちゃんと言われようがみんなが幸せになる道を探して。お供は無敵の忍者桃十郎。毎回奇抜なアイデアで敵を倒すというのも少年漫画的。



社を持てない貧乏な神様・夜トは、自分の社を建てるために便利屋をして日銭を稼いでいる。夜トを助けたためにどこでも幽体離脱をしてしまうひよりと、夜トの武器に変身する幽霊の少年・雪のハートフルホラーと思ってたのになんだか陰謀が渦巻き始めてこのあとどうなるの? 私としては1・2巻の雰囲気が好きだったんだけどなあ。



恋した相手は年下。30歳のいち子さんの頭の中では彼にどう対応するか、毎日が紛糾会議。脳内には5人のキャラクターが棲んでいて、ポジティブになったりネガティブになったり大変。
不器用な女性の不器用な恋愛を描く平凡な漫画になるところが、脳内会議という1点で突破している。


手塚治虫という特異な天才を主役にして面白くならないはずがない。
手塚治虫の生きた時代と作者の絵が見事にマッチ。力強く泥臭く、そしてぬくもりのある作品になっている。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON