FC2ブログ
HOME   »  洋画  »  砂漠でサーモンフィッシュイング 感想

砂漠でサーモンフィッシュイング 感想

試写会が当たって相方ちゃんと観に行ったよ!
とっても楽しいラブストーリー。
samon.jpg

砂漠に川を作って鮭を放流し、釣りをしたいというオイルダラーの族首と、その依頼を受けたコンサル会社のOL、そして、彼女から協力を依頼されたイギリス政府付きの魚類学者。この三人が途方もないプロジェクトに立ち向かう───なんていうとプロジェクトXみたいなんだけど、恋人を失ったOLと仕事ばかりの妻に疲れている学者の恋愛を中心に、「信じれば夢は叶う」という強い信念を持ったかっこいいオイルダラー、イギリスの為なら他人の恋愛感情まで利用するバリバリキャリアの政府公報官(女性)などを絡めてテンポのいい会話ときれいな映像で楽しませてくれます。

とにかくオイルダラーかっこいいよ、これ登場人物全員男性ならビブロスのBL小説になりそうだなあと思ったくらいライトで明るく夢いっぱい。出てくるキャラクターに悪いやついないんだよね。

途中でプロジェクトのじゃまをするやつもでてくるけど、オイルダラーは「彼らの主張もわかる」と罪を問わない。
コンサル女性の前の恋人もさわやかないいやつであとをひきずらないし。
学者の奥さんもまあ離婚されて仕方ないかなと思うし。

しかし砂漠に川を流すって途方もない計画でもお金があればなんとかなっちゃうもんなんだね。
まあダムができていた、とか舞台となるイエメンが寒い地域だったとかいろいろ都合はよくなっているけど。

唯一の問題が鮭をイギリスから輸入しようとしたら、イギリスの釣人たちが「一匹だってやるもんか」運動始めちゃったことだけど。

日本からもっていきなよー。

その土地の生態系が崩れるって話を誰もしていないのがつっこみどころだけどな。

映画の中ではキャラクターがよくしゃべる。その会話も楽しい。そしてやっぱりイギリス英語は聞き取りやすいな。
オイルダラーが買ったイギリスの城での晩餐会とかあって、ハーレクインやラブコメが好きな人にはおすすめ。

暴力もホラーもないから最近の映画にはついてけないわという人にも大丈夫だよ。

作者の人は60才で小説家デビューしてベストセラーだって。
そういうの聞くと同じ文筆業としてはうれしくなるよね。
わ、わたしだってまだまだこれから……!!

原作 ↓
イエメンで鮭釣りを (エクス・リブリス)
ポール トーディ
白水社
売り上げランキング: 29000

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON